伊勢原版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

伊勢原市元助役 前田さんに瑞宝双光章 高齢者叙勲を伝達

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
高齢者叙勲を受章した前田さん(左から3番目)と高山市長、家族ら
高齢者叙勲を受章した前田さん(左から3番目)と高山市長、家族ら

 伊勢原市の助役を1期4年務めた前田廣治さん(88)がこのほど、高齢者叙勲(瑞宝双光章)を受章した。伝達式が3月17日、高森の前田さん宅で行われ、高山松太郎市長から前田さんに勲章が贈られた。

 高齢者叙勲は、功労者に対し年齢88歳に達した機会に勲章が授与されるもの。1973年6月以降、毎月1日付けで実施している。

 前田さんは1932年、北海道生まれ。56年3月に、宇都宮大学農学部農業工学科を卒業。同年、成瀬村土地改良区に就職した。58年に伊勢原町役場に奉職後も、耕地整理(区画整理)の事業を長い間担当してきた。「終戦から変化の大きい時代だった。地域の協力を得て、米を作りながら田んぼの耕地整理を行ったことが、印象に残っている」と話す。

 74年には伊勢原市建設部国県道整備促進事務所長に就任。以来、建設部長、都市整備部長、経済部長、土地開発公社理事兼経済環境部長などを歴任し、道路や都市計画、経済など、基盤づくりに取り組んだ。

 92年に定年退職し、同年12月に市の助役に就任。堀江侃市長時代に、1期4年間、助役として支えた。

モットーは虚心坦懐

 17日の伝達式には、前田さんと妻の恂子さん(85)をはじめ、東京都内に住む娘の佐藤敦子さん(46)、孫の楽さん(13)、奏太さん(10)も駆けつけて受章を祝った。高山市長は「前田さんは伊勢原を作ってくれた人。本当に良かった。おめでとうございます」と声をかけた。

 前田さんは「虚心坦懐をモットーに、みんなと一緒に仲良く仕事をすることを心がけてきた」という。叙勲を受けて、「家族をはじめ地域の皆さんに温かく支えられて、長生きすることができた。叙勲を受けられたのは、家族や地域のおかげ。とても感謝している」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

郵送申請 28日から支給へ

特別定額給付金

郵送申請 28日から支給へ 政治

世帯主に書類発送

5月22日号

県協力金に10万円上乗せ

伊勢原市

県協力金に10万円上乗せ 経済

経済対策で事業者支援

5月22日号

謎解きゲームを自宅で

謎解きゲームを自宅で 社会

市職員ら企画  HPで公開

5月15日号

国交大臣表彰を受賞

成瀬活性化委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月15日号

子育て世代をサポート

子育て世代をサポート 社会

支援センター始動

5月8日号

災害時にさらなる備え

伊勢原市

災害時にさらなる備え 政治

段ボール製品調達で協定

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク