伊勢原版 掲載号:2020年5月1日号 エリアトップへ

“社協だより”が100号 福祉の今 伝える広報紙

社会

掲載号:2020年5月1日号

  • LINE
  • hatena
完成した100号の社協だよりを手にする職員
完成した100号の社協だよりを手にする職員

 伊勢原市社会福祉協議会(宮川進会長)の「いせはら社協だより」が、本日発行の5月1日号で創刊から100号の節目を迎えた。子育て世代から高齢者まで、社協の事業を伝える広報紙として市民に親しまれている。

 社協だよりは、1994年8月1日に創刊。当初は年に1回の発行だったが、現在は社協の事業などの実施時期にあわせて年4回(2月・5月・7月・10月)の発行スタイルを取っている。

 発行の目的は、社協の取り組みや地域福祉に関する情報などを、日ごろ福祉とかかわりのない世代や世帯の人にも広く周知すること。子育て支援事業から高齢者支援事業まで、社協の事業は幅広い世代を対象としていることから、職員が取材などを積極的に行い、事業者の声や福祉団体の活動を紹介。さまざまな世代に読んでもらえるように、紙面づくりを工夫しているという。

 社協の担当者は「福祉というと特定の方々を対象としたことのように思われる方もいられると思いますが、社会福祉協議会では地域の皆さまが暮らしやすいと感じるまちづくりを進めていくための活動をしています。紙面を通して、隣近所で助け合い、支え合えるような地域づくりを推進していけたら」と話した。

 5月1日号では、会費を活用した紙おむつ支給やボランティア関連事業などを紹介。新聞折込みのほか、市役所や市内金融機関などで手にすることができる。

伊勢原版のトップニュース最新6

仏国際コンクールで金賞

吉川醸造

仏国際コンクールで金賞 社会

日本酒の新ブランド開発

5月7日号

創建400年アートで祝う

伊勢原大神宮

創建400年アートで祝う 文化

伊勢神宮の「日の出」再現

5月7日号

青春を重ね開催待つ

東京五輪ソフトボール

青春を重ね開催待つ スポーツ

厚木市在住の飯島さん

4月30日号

映画のロケ地を巡る

伊勢原

映画のロケ地を巡る 社会

10カ所に等身大パネル

4月30日号

縄文後期の埋没林公開

西富岡向畑遺跡

縄文後期の埋没林公開 文化

鳥の羽の発見は全国初

4月23日号

大山能狂言を次世代へ

大山能狂言を次世代へ 文化

舞台出演めざし教室始動

4月23日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter