伊勢原版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

谷山ジム 看板4選手が出場 スーパーBigbang

スポーツ

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
左から山際選手、駿太選手、城戸選手、谷山選手=谷山ジムで10月14日撮影
左から山際選手、駿太選手、城戸選手、谷山選手=谷山ジムで10月14日撮影

 下糟屋の谷山ジム(谷山歳於会長)が主催する「スーパーBigbang」が、11月8日(日)に東京都文京区のTOKYO DOME CITY HALLで初めて開催される。谷山ジムからは看板4選手らが出場を予定する。

 ビッグバンは、2010年3月に、同ジムの25周年記念興行としてはじまったキックボクシングの人気イベント。これまでは後楽園ホールなどを中心に開催され、熱戦が繰り広げられてきた。

 17年からは、地域活性化を目的にいせはら大会をスタート。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止となった。

昼・夜の2部構成

 今大会は、ビッグバン10周年記念・谷山ジム35周年記念興行として、初めて「スーパー」の冠がついて行われ、昼(第1部)と夜(第2部)に、それぞれ9試合が予定されている。

 第1部のメインイベント第2試合に出場するのは、山際和希選手(31)。今年8月に第7代Krushウェルター級王者になって以降、初戦となる。「プロになって10年、メインが張れるのは感慨深い。育ててもらった恩返しのためにも、しっかり倒して勝ちたい」と話す。

 第2部のセミファイナルには、スーパーライト級の谷山俊樹選手(31)が出場する。昨年のいせはら大会以来の復帰戦。スパーリングなどに熱が入っている。昨年の大会後に入籍し、今年11月29日(日)には結婚式を控える。「すっきり勝って、良い結婚式を挙げたい」と語る。

 続いてメインイベント第1試合、スーパーフェザー級タイトルマッチに出場するのは、駿太選手(38)。3度目の防衛戦に挑む。泥臭い戦い方が持ち味という駿太選手。「もらうのを覚悟で、打ち合いにもっていきたい。相手の気持ちを折れさせるKO勝ちをめざしたい」と意気込む。

 メインイベント第2試合には、城戸康裕選手(37)が出場。現在は主にK─1を舞台に活躍する城戸選手。75戦中、ビッグバンのリングには10戦以上立ち、これまで負けなし。「久しぶりの参戦で、気持ちが上がる。お祭りを楽しみたい。100%負けない」と話した。

 チケットは好評発売中。問合せは、谷山ジム【電話】0463・93・9664へ。

伊勢原版のトップニュース最新6

山岳事故 過去10年で最多

大山

山岳事故 過去10年で最多 社会

伊勢原署「入念に計画を」

12月4日号

道路の安全確保へ誓い

NEXCO中日本

道路の安全確保へ誓い 経済

雪氷対策期間迎え出陣式

12月4日号

災害廃棄物処理で協定

災害廃棄物処理で協定 政治

伊勢原市、二市組合ら4者

11月27日号

今年も“若手の力”集結

商工会青年部

今年も“若手の力”集結 経済

12月6日にPRイベント

11月27日号

あすから紅葉ライトアップ

大山

あすから紅葉ライトアップ 経済

ケーブル夜間運行も

11月20日号

ポップコーンで収入増へ

地域作業所ドリーム

ポップコーンで収入増へ 社会

施設内に工房オープン

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク