伊勢原版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

大山地区 観光活性化に向け議論 民間プロジェクトが始動

社会

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
オンラインイベントに登壇した(左から)泉谷さん、目黒さん、濱口さん=大山阿夫利神社下社の茶寮石尊
オンラインイベントに登壇した(左から)泉谷さん、目黒さん、濱口さん=大山阿夫利神社下社の茶寮石尊

 大山エリアの観光地としての魅力向上や、活性化などをめざす民間の参加型プロジェクト、「大山これから会議」のキックオフイベントが10月31日、オンラインで開催された。今後はワークショップなどを通じて、参加者同士の交流を深めていく。

 プロジェクトは、小田急電鉄株式会社(本社/東京都新宿区)と株式会社エンジョイワークス(本社/神奈川県鎌倉市)が立ち上げた。地元の観光関係者をはじめ、個人や法人を問わず大山エリアの観光活性化に挑戦したい人を広く募集し、ワークショップなどを通じたアイデアの創出、実現に向けてコミュニティの形成をめざす。

 この日は、大山阿夫利神社下社の茶寮石尊から、動画共有サイト・ユーチューブを使用して生配信。エンジョイワークスの濱口智明さんが進行役を務め、小田急電鉄観光事業開発部の泉谷裕さんと、大山阿夫利神社権禰宜の目黒久仁彦さんが出演した。当日は事前に申し込んだ約80人の参加者が生配信を視聴し、コメント機能を使って意見などを述べた。

 イベントでは、目黒さんが大山の歴史などについて解説したほか、大山地域で事業を営む相原理人さん(東学坊)、相原和教さん(夢心亭)、石井正義さん(オカリナキッチン)のインタビュー映像を放映。3人のメッセージの中から、「独自の歴史や文化がある」「とうふ料理やジビエ料理が楽しめる」といった大山の魅力と、「先導師旅館の敷居が高い」「季節や気候によって観光客の繁閑差がある」といった課題を抽出して議論を深めた。

 今後はこの日挙がった「食」や「環境保全」「空き店舗や空き旅館の再生活用」といったキーワードをもとにテーマを絞り、オンラインや対面でのワークショップを通じて、課題解決をめざす。次回は12月を予定。詳細は「大山これから会議」のホームページ上にアップされる。

 泉谷さんは「改めて参加型での取り組みの重要性を感じた。地元や大山に関わりたいと思っている皆さん、観光で来られる皆さんのそれぞれの思いをテーマ別のワークショップで具現化していきたい」と話した。

ユーチューブで生配信された映像
ユーチューブで生配信された映像

伊勢原版のトップニュース最新6

コロナ下で集いの場提供

子育て支援センター

コロナ下で集いの場提供 社会

母親からの声受け実現

1月22日号

飲食店にアクリル板設置

大原町商和会

飲食店にアクリル板設置 経済

県の無償貸出事業活用

1月22日号

みんなで注意する年

大山

みんなで注意する年 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月15日号

救急車の適正利用を

市消防本部

救急車の適正利用を 社会

搬送者の約半分が軽症

1月15日号

配信のみで開催へ

2021年成人式

配信のみで開催へ 社会

1072人が門出

1月8日号

「コロナにまけるな!」

トランポリン堺亮介選手

「コロナにまけるな!」 スポーツ

地元商店などにエール

1月8日号

伊勢原から始めるクールチョイス

エコドライブ、エコ・クッキングの動画を公開中!

https://www.city.isehara.kanagawa.jp/docs/2017042700094/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク