伊勢原版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

石田JVC 3年連続関東出場へ 10年ぶりの優勝目指す

スポーツ

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
県大会で優勝した石田JVCの選手ら(提供写真)
県大会で優勝した石田JVCの選手ら(提供写真)

 JA共済杯第41回神奈川県小学生バレーボール大会兼第36回関東小学生バレーボール大会県予選会がこのほど県内各会場で行われ、男子の部で石田ジュニアバレーボールクラブ(石田JVC)が優勝。11月29日(日)から海老名市内などの会場で行われる関東大会への出場を決めた。同クラブの関東出場は3年連続8回目。

 県下8地区(川崎・横浜・横須賀・藤沢・平塚・小田原・県央・相模原)に分かれて地域大会が行われ、それぞれの地域から代表1チーム、計8チームで競われた同大会。先に2セットを取った方が勝利するトーナメント方式で、石田は平塚地区の代表として男子の部に出場した。

 石田は、初戦から決勝までの3試合、1セットも落とさず、すべてストレートで勝利。昨年の準優勝からリベンジを果たし、10年ぶり3度目の県大会優勝を果たした。これによって同クラブは、3年連続、8回目の関東大会への出場を決め、2010年以来10年ぶりの関東大会優勝をめざす。

 今年のテーマを「繋ぐから超えるへ!」と選手自らが決めた。その背景には昨年、一昨年とも県大会の決勝戦で敗れた悔しさがある。キャプテンの関隼翔くん(寒川町立小谷小6年)は「終始自分たちのプレーができたので良かった。昨年、一昨年の思いを繋げられてうれしい。関東でも優勝めざしてがんばりたい」と意気込みを話した。

4カ月の自粛

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、2月から6月末まで全体での練習を自粛していた同クラブ。再開までの間、監督と週1回オンラインでミーティングを行ってきた。河野仁司監督は「目標をなくさないようにと思い、6年生だけでしたが、個人練習メニューからアニメの話までいろいろな話をしてきました」と振り返る。また「コロナ禍で人のつながりをあらためて感じた。保護者やOBたちにあらためて感謝です」と話した。

 石田JVCは石田小学校を拠点に活動する小学生男子バレーボールチーム。現在市内外の小学生17人が在籍している。

伊勢原から始めるクールチョイス

エコドライブ、エコ・クッキングの動画を公開中!

https://www.city.isehara.kanagawa.jp/docs/2017042700094/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

みんなで注意する年

大山

みんなで注意する年 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月15日号

救急車の適正利用を

市消防本部

救急車の適正利用を 社会

搬送者の約半分が軽症

1月15日号

配信のみで開催へ

2021年成人式

配信のみで開催へ 社会

1072人が門出

1月8日号

「コロナにまけるな!」

トランポリン堺亮介選手

「コロナにまけるな!」 スポーツ

地元商店などにエール

1月8日号

市制50周年の節目

2021年

市制50周年の節目 社会

記念すべき年を祝う

1月1日号

市民の生命と暮らし守る

市民の生命と暮らし守る 政治

新春インタビュー 高山市長に聞く

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク