伊勢原版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

全国特産品コンテスト 自然薯家が審査員特別賞 長期保存を可能に

社会

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena
受賞した商品をPRする中村代表
受賞した商品をPRする中村代表

 全国商工会連合会が主催する全国特産品コンテスト「バイヤーズルーム」で、市内三ノ宮で自然薯を生産する自然薯家(じねんじょや)(中村保仁代表)の商品2点が審査員特別賞を受賞した。同コンテストの受賞は市内初。

 同コンテストは地域の資源・技術の活用、商工会の支援のもとに開発された特産品の普及や、中小・小規模事業者の販路開拓の支援を目的に実施されている事業。大手食品流通バイヤーが審査を行う。

 今回自然薯家が受賞した審査員特別賞は、バイヤーが商談を希望する商品に与えられる賞で、全国から食品・非食品計100点がエントリーし35点が入賞した。

 受賞したのは「自然薯パウダー」と「丹沢大山そば(自然薯入り)」の2点。パウダーはフリーズドライ製法で凍結させた自然薯を真空状態のもと低温で乾燥。粉砕しパウダー状にしたもの。水で溶くと、すりおろしたとろろの状態になる。製造日から1年という長期保存が可能な点から、銀座などの高級料理店から重宝されているという。

 自然薯そばは、秦野市の(有)石庄丹沢そば茶屋本舗のそばに、自然薯パウダーを練り込んだもの。地域の特産品とコラボした商品を作りたいとの思いから実現した。

 中村さんは自然薯栽培を本格的に始めた5年ほど前からパウダーの研究を重ね、2年ほど前に商品化。「ビタミンなど栄養素を損なわないのがフリーズドライだった」と話す。また今年4月から5月にかけコロナ禍で飲食店が軒並み自粛する中、生産した自然薯が行き場を失ってしまったことから、なんとかしようと思いついたのが長期保存できるそばとのコラボだったという。

 中村さんは「受賞できると思っていなかったのでうれしい。市の特産品の一つになれば」と話した。商品は同社ホームページや駅ナカクルリンハウスなどで購入可能。

伊勢原版のトップニュース最新6

市民参加でアート制作

市制施行50周年事業

市民参加でアート制作 社会

写真で「浮世絵」再現

3月5日号

市民活動をwebで支援

アイサポ

市民活動をwebで支援 社会

市と協働イベントを企画

3月5日号

農業にドローン活用へ

大田地区土地改良区

農業にドローン活用へ 経済

県内初の本格導入めざす

2月26日号

ワクチン接種へ体制整備

市議会

ワクチン接種へ体制整備 政治

高山市長が施政方針

2月26日号

一般会計は328億円

伊勢原市予算案

一般会計は328億円 政治

9年ぶりに減少

2月19日号

ワクチン接種へ準備着々

伊勢原市

ワクチン接種へ準備着々 政治

集団と個別 2体制で調整

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク