伊勢原版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

北京亭沙一範さん 県優良衛生技能者で表彰 市内で唯一の受賞

社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
厨房で鍋を振る沙さん
厨房で鍋を振る沙さん

 2020年度神奈川県優良衛生技能者・優良従業員表彰の受賞者が3月5日に発表され、伊勢原市からは優良衛生技能者表彰の調理師部門で、中華料理本家 北京亭の店主・沙(いさご)一範さん(69)が選ばれた。

 同表彰は、調理師や理容師、美容師などで多年にわたり業務に精励し、公衆衛生の向上に努めてきた人を表彰するもの。今年度、県内で69人が表彰され、調理師は18人、市内からは沙さんが唯一表彰された。

 沙さんは佐賀県出身。少年時代に初めて中華料理店で食べた餃子の味が忘れられず「自分でも作ってみたい」と思ったのが料理人をめざすきっかけになったという。

 父親の仕事の都合で小学校3年の時、厚木に転居。高校生で始めたアルバイト先の中華料理店の店主から「料理人をめざしてみれば」と背中を押され、卒業後そのまま修業を始め、25歳で独立。市内板戸に店を構えた。

 それから44年、今回の受賞について「長くやってきただけだけれど、料理人としてのけじめのようでうれしい。支えてくれたお客様や仲間のおかげ。これまで通り、笑顔を絶やさず、もちろんコロナ対策を怠らず、衛生面にも気を付けていく」と喜びを語った。

 今回の表彰は県飲食業生活衛生同業組合・伊勢原支部(天野保支部長/日向天成園)の推薦。理由について天野支部長は「長年にわたり伊勢原で店を続け、公衆衛生の面で地域に大きく貢献。多くの客に愛されている優れた技術も推薦に値すると考えた」と語った。

 沙さんは現在市内飲食店107件が加盟する、伊勢原飲食店組合の組合長を務める。「次世代の育成が課題。市内飲食業の発展のために、力を尽くしたい」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

仏国際コンクールで金賞

吉川醸造

仏国際コンクールで金賞 社会

日本酒の新ブランド開発

5月7日号

創建400年アートで祝う

伊勢原大神宮

創建400年アートで祝う 文化

伊勢神宮の「日の出」再現

5月7日号

青春を重ね開催待つ

東京五輪ソフトボール

青春を重ね開催待つ スポーツ

厚木市在住の飯島さん

4月30日号

映画のロケ地を巡る

伊勢原

映画のロケ地を巡る 社会

10カ所に等身大パネル

4月30日号

縄文後期の埋没林公開

西富岡向畑遺跡

縄文後期の埋没林公開 文化

鳥の羽の発見は全国初

4月23日号

大山能狂言を次世代へ

大山能狂言を次世代へ 文化

舞台出演めざし教室始動

4月23日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter