伊勢原版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

自身の水彩画作品展をアゼリアで開催している 鈴木 教之さん 下糟屋在住 69歳

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena

芸術でまちを元気に

 ○…ふるさと伊勢原の情景や印象に残った各地の古社寺、風景を描いた作品約10点を展示している。「コロナ禍で皆が辟易としている。絵を通じてなんとか地域や市民の皆さんを元気にしたいと思い、作品展を開催した。少しでも安らぎを感じてもらえればうれしい」とほほ笑む。

 ○…伊勢原市出身。教師だった父親が絵画教室を立ち上げ、市の美術協会会長を務めるなど、幼い頃から絵が身近な存在で、気付いたら自身も絵が好きになっていたという。成瀬小・中、平塚江南高校を経て慶應義塾大学に進学。卒業後、民間企業を経て伊勢原市役所に入庁。企画や財政、保健福祉などを歴任。2010年から約6年間教育長を務め、大山の日本遺産認定に深く関わった。「歴史を勉強し、地域文化の必要性を深く感じた」。その頃から地域文化を掘り起こしたいと思うようになった。

 ○…休日に筆をとることはあったが、本格的に水彩を描き始めたのは60歳を過ぎてから。「想像していたイメージ通りに描けると楽しい。毎晩、晩酌後に絵と向き合う。趣味というよりも生活の一部」と話す。また父親が立ち上げた水彩画サークル「水鈴会」を受け継ぎ、成瀬公民館で月に2回講師を務めている。「絵は上手くなくていい。見る人に関心をもってもらえれば。だから身近なもの、風景が多い。とにかく絵を描くことが楽しい」。歴史も好きで、古い寺社巡りは作品にもなっている。

 ○…郷土出身の画家たちの作品や功績をまとめる作業を進めている。「古いと言われそうだけど、手で描くというアナログなことを残す必要がある。手作業だからこそ伝わるものがある。次世代のために文化芸術の面でまちを盛り上げていきたい」と目を輝かせる。

伊勢原版の人物風土記最新6

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

小澤 孝康さん

竹を使ったワークショップなどを手掛ける

小澤 孝康さん

西富岡在住 38歳

9月3日号

宮入 貴幸さん

いせはらヒトつなぎプロジェクトを主宰する

宮入 貴幸さん

伊勢原在住 32歳

8月27日号

今野 優一さん

全国大会出場を決めた軟式野球チーム、Ninetynine'sの監督兼代表を務める

今野 優一さん

白根在住 22歳

8月20日号

岡西 雄哉さん

伊勢原トレセンU―11の監督を務める

岡西 雄哉さん

 23歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook