伊勢原版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

まちの将来像 市民が議論 次期総合計画策定に向け

政治

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
マスクとフェイスシールドを着用し、感染症対策をしながら実施したグループワーク=7月11日、市民文化会館
マスクとフェイスシールドを着用し、感染症対策をしながら実施したグループワーク=7月11日、市民文化会館

 2023(令和5)年度からスタートする、次期総合計画を策定するための市民ワークショップが、7月4日と11日に開かれた。公募で集まった市民ら約30人が、2日間にわたって10年後の伊勢原市を想像したまちづくりについて話しあった。

 総合計画は、長期的な展望に立って伊勢原市のめざす将来像を描き、その実現に向けて総合的で計画的に行政運営を図るための指針。市は23年度から10年間の次期総合計画を策定するため準備を進めていて、ワークショップは市民の意見を把握し、計画に反映させるため実施した手法の1つ。

 両日は、公募で集まった10代から70代の市民ら、約30人が参加。産業能率大学情報マネジメント学部の橋本諭准教授がファシリテーターを務め、生活・安全面(1日目)、都市経済・環境面(2日目)に分けて、個人ワークやグループワークを実施。現状の課題と10年後の理想像を付箋紙に書いて模造紙に貼り、話し合った。

 市では計画策定に向け、7月16日に庁内組織を編成し、今後は年内に立ち上げる予定の審議会に諮問する。

 市経営企画課の担当者は「ワークショップはさまざまな年代の人に参加して頂き、それぞれが思い描く伊勢原を活発に話し合って頂くことができた。多くの方が共有できる計画にするため、今後もやり方を工夫し多様な市民参加を通じて計画を策定していきたい」と話した。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

添田重樹さんが優勝

JOC水泳競技大会

添田重樹さんが優勝 スポーツ

100m背泳ぎで

9月3日号

K-1の舞台に挑む

谷山俊樹選手

K-1の舞台に挑む スポーツ

4年半ぶりの出場へ

9月3日号

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

伊勢原市私立幼稚園協会 

22年度園児募集 子どもが初めて出会う”学校”めぐり

http://kids-isehara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook