伊勢原版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

JOC水泳競技大会 添田重樹さんが優勝 100m背泳ぎで

スポーツ

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
メダルと賞状を手にする添田さん
メダルと賞状を手にする添田さん

 大阪府内で8月21日から26日まで開催された「全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」で、伊勢原スイミングクラブ所属の添田重樹さん(笠窪在住/逗子開成中学校・高等学校3年)が、13歳〜14歳クラスの男子100m背泳ぎで優勝した。

 同大会で、100m背泳ぎと200m背泳ぎに出場した添田さん。大会4日目に行われた200mでは決勝に残れず悔しい思いをしていた。

 2日後に行われた100mには、全国から40人が出場。上位8人が決勝へ進め、添田さんは予選を全体の1位で通過した。

 「100mの方が得意なので、悔いが残らないよう、前半から全力で泳いだのが良かった」と話す通り、決勝では自己ベストを更新する58秒75で泳ぎ、優勝した。「2位の選手が小学校からのライバルで、初めて勝てて、優勝できたので嬉しい。支えてくれた家族やコーチ、顧問の先生、友人に感謝です」と笑顔で喜んだ。また「コロナ禍で大会を開催していただき本当に感謝している」と口にした。

コロナ禍も自宅の庭で練習

 昨年はコロナ禍で、同大会や全国大会が中止に。所属クラブでの練習も、秋までできず「不安はあったがモチベーションは下がらなかった。次に試合がある時まで準備しようと切り替えた」と振り返る。瀬戸大也選手が使っていたという畳2畳分ほどのプールを庭に設置し、身体を慣らす練習を繰り返した。

 3歳から水泳を続ける添田さん。「練習はきついが、大会で良い成績が残せると嬉しい。友人もたくさんできた」と魅力を語る。将来は「五輪をはじめ、インターハイや日本選手権に出られるような力をつけていきたい」と力強く語った。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

樂市樂座が再始動

樂市樂座が再始動 経済

24日に商業イベント

10月22日号

ナラ枯れ被害拡大

伊勢原市

ナラ枯れ被害拡大 社会

倒木の危険性呼び掛け

10月22日号

電子図書館を開設

伊勢原市

電子図書館を開設 社会

24時間貸出・返却可能に

10月15日号

2年ぶりに幽玄な舞

大山

2年ぶりに幽玄な舞 文化

能楽殿で火祭薪能

10月15日号

eスポーツの拠点 開設

竹内型材研究所

eスポーツの拠点 開設 経済

加工見学や試遊体験も

10月8日号

初の秋季関東大会へ

向上高校硬式野球部

初の秋季関東大会へ スポーツ

目標は春のセンバツ出場

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook