伊勢原版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

伊勢原市 大山道の道標マップ作成 商品売上の1%活用

文化

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
市観光協会のHPに掲載されているMAPの一部
市観光協会のHPに掲載されているMAPの一部

 伊勢原市は、市日本遺産協議会事業の一環として実施している、伊勢原うまいもの遺産販売収入文化財還元制度を活用した第1弾として、「大山道 道標マップ」をこのほど作成した。マップは市観光協会のホームページで見ることができる。

 同制度は、日本遺産を生かした地域活性化を目的に、地元の事業者を中心に2018年に結成した「伊勢原うまいもの遺産創造委員会」が、開発した商品の売上の1%を市の文化財保護や周知のために、協賛金として還元するもの。まちの魅力である文化財群を後世に継承し、持続可能なまちづくりをめざしている。

 協賛金は、2019年度に柏木牧場と茶加藤、ありあけの3社が共同開発した「大山阿夫利246・生乳茶菓」の同年度の売上の1%、約20万円が活用された。

 日本遺産「江戸庶民の信仰と行楽の地〜巨大な木太刀を担いで大山詣り」の舞台である市には「大山街道」や「大山道」と呼ばれる旧道が関東近縁から多くつながっていて、今でも街道沿いに多くの道標が残っていいる。その一部は文化財に指定されているものの、一体的に周知ができていなかったことから、市商工観光課と市教育委員会が協議し、協賛金を活用した道標マップをこのほど作成した。

49の道標を地図に表示

 地図は、市教委が2007年度から3カ年にわたって実施した「再発見大山道調査」の調査成果と、市観光協会が12年度から18年度まで開催した「大山道ウォーク」のテキストを基に作成され、市内と市周辺の道標49カ所と、主な大山道の経路を2万5000分の1の地図上に記載。49の道標に関する説明の一覧表も市観光協会ホームページに掲載している。市商工観光課の担当者は「マップを活用して大山道を歩き、道標を巡って頂けたら」と話す。

 同制度を活用して20年度は、日産テクニカルセンターと龍屋物産による「カキノタネ」、市内岡崎の米谷豆腐店の「大山詣り豆腐」など、新たな商品を開発。協賛金を活用した第2弾の還元は今後検討していくという。

伊勢原版のトップニュース最新6

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

添田重樹さんが優勝

JOC水泳競技大会

添田重樹さんが優勝 スポーツ

100m背泳ぎで

9月3日号

K-1の舞台に挑む

谷山俊樹選手

K-1の舞台に挑む スポーツ

4年半ぶりの出場へ

9月3日号

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

伊勢原市私立幼稚園協会 

22年度園児募集 子どもが初めて出会う”学校”めぐり

http://kids-isehara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook