伊勢原版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

伊勢原市 LINEで情報発信 公式アカウントを開設

政治

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
記者が登録した伊勢原市LINE公式アカウントの画面。メニューから市ホームーページへアクセスできる
記者が登録した伊勢原市LINE公式アカウントの画面。メニューから市ホームーページへアクセスできる

 伊勢原市が新たな情報発信ツールとして、コミュニケーションアプリ「LINE」の公式アカウントを開設し、9月1日から運用を開始した。市政情報やイベント、災害時の緊急情報などを登録者に配信している。

 アプリを運営するLINE株式会社が2019年、地方公共団体向けに公式アカウントを無償化したことで、LINEを活用した情報発信が広がっている。近隣では秦野や厚木、海老名市などが既に導入している。

 伊勢原市では、携帯電話やパソコンのメールに防災や防犯などの緊急情報をはじめ、市民生活に役立つ情報を配信する「くらし安心メール」を2007年6月に開始。今年7月時点で約1万5600人が登録している。LINE公式アカウントはメールを補完するため、情報発信の一つの手段として取り入れた。現在は無償プラン内での運用のため予算は0円。

 市が主催するイベントや講座などの開催情報、災害・防災に関する情報、市を紹介するテレビ番組などの情報を登録者に配信する。また、市が設定した「新型コロナウイルスに関するお知らせ」「ゴミの出し方」など6つのメニューから、市ホームページへアクセスすることもできる。

 情報を受け取るには、スマートフォンなどにLINEアプリのインストールが必要。記事中の二次元コードを読み取り、「友だち追加」する。9月6日時点で、948人が登録している。市では各世帯あたり1人の登録をめざす。市広報戦略課の桑原豊課長は「ぜひ多くの方に登録して頂き、幅広い世代に情報を発信していければ」と話した。

友だち登録用の二次元コード
友だち登録用の二次元コード

伊勢原版のトップニュース最新6

「落語でまちおこしを」

「落語でまちおこしを」 文化

11月に素人大会開催へ

9月24日号

「地域で話題の高齢者」に

岡崎在住打田すみさん

「地域で話題の高齢者」に 社会

厚労省のHPで紹介

9月24日号

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook