伊勢原版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

市制施行50周年を祝う 関係者で記念式典

政治

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
式典であいさつする高山市長
式典であいさつする高山市長

 伊勢原市制施行50周年記念式典が11月13日、市民文化会館大ホールで行われた。

 市は当初、3月1日の市制施行記念日にあわせて式典を計画していたが、新型コロナウイルス感染症拡大のため延期に。この日も感染拡大防止のため、表彰受賞者と同伴者、関係者のみに出席を限定して、記念式典を開催した。

 当日は、記念事業として制作したモザイクアートのお披露目動画を上映。「大山詣り」を描いた浮世絵を再現した作品が、スクリーンに映し出された。

 その後、アトラクションとして、市内を活動拠点に演奏を行う和太鼓集団「明晴(あっぱれ)」が演舞を披露し、式典に花を添えた。

 表彰では、市表彰条例による功労・功績表彰、感謝状や、技能功労者表彰、企業優良従業員表彰、商工会企業優良従業員表彰を受賞した市民ら約130人の名前が読み上げられ、各部門の代表者らが表彰状を受け取った。

 式典で高山松太郎市長は「10年先、20年先、さらに100年を迎える50年先においても、市民の皆様方が将来にわたって住み続けたいと実感し、多くの方が暮らしたい、働きたい、訪れたいと思ってもらうように、魅力あるまちづくりを目指してまいります」などとあいさつした。

 伊勢原市は1971(昭和46)年、県下15番目の市として誕生した。当時、約4万5千人だった人口は、およそ10万2千人(2020年9月時点)まで成長している。

伊勢原版のローカルニュース最新6

平均工賃が1年で倍増

CLOSE UP

平均工賃が1年で倍増 社会

就労継続支援B型 地域作業所ドリーム

11月26日号

日本の伝統文化を学ぶ

日本の伝統文化を学ぶ 文化

自修館の生徒が茶道体験

11月26日号

28日に素人落語大会

入場無料

28日に素人落語大会 文化

市民文化会館小ホール

11月26日号

東日本大会で3位

伊勢原クラブ

東日本大会で3位 スポーツ

中学生の選抜チーム

11月26日号

自宅療養者をサポート

秦野伊勢原医師会

自宅療養者をサポート 社会

「神奈川モデル」導入

11月26日号

笑顔溢れた2日間

笑顔溢れた2日間 社会

大句地区で文化祭

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook