伊勢原版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

伊勢原駅北口 再開発へ新たな船出 準備組合が設立

政治

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
再開発事業の完成イメージ図(想定)。あくまで現時点の構想案であり、今後の事業進捗に応じて、内容を修正する可能性がある=市市街地整備課提供
再開発事業の完成イメージ図(想定)。あくまで現時点の構想案であり、今後の事業進捗に応じて、内容を修正する可能性がある=市市街地整備課提供

 伊勢原駅北口地区の、市街地再開発事業の事業化に向けた検討組織に位置づけられる新たな準備組合が、11月14日に発足した。同準備組合の杉山仁重理事長と高橋宏昌副理事長らが19日、伊勢原市役所を訪れ、高山松太郎市長に設立の報告や技術的援助の依頼を行った。

 市市街地整備課によると、伊勢原駅北口周辺地区の整備は、1990年9月の都市計画決定以降、91年2月に駅北口A街区市街地再開発組合を設立し組合施行による事業を始めたが、バブル崩壊による急激な経済情勢の悪化を受けて、2004年3月に事業を中止。

 その後、権利者らは09年6月に任意団体の整備推進協議会を立ち上げ、駅前の整備手法を検討してきた。

 新たな再開発へ向けた動きは、市が前組合に対して貸し付けていた事業資金、約6億6千万円の債権を放棄することを市が市議会に提案し、今年の9月定例会で附帯決議付きで議決したことで加速。新たな再開発準備組合は、14日に設立総会が開かれ、権利者34人のうち29人が加入届を提出して発足した。

検討区域は約1・5ha

 同課によると、再開発の検討区域は駅北口の正面に位置し、面積は約1・5ヘクタール。用途地域は商業地域。土地利用の方向性(案)として、「観光交流の玄関口として低層施設整備」と、「暮らしを支える生活拠点として高層施設整備」を掲げている。

 19日に市役所を訪問した杉山理事長は「市民が待ち望んでいる駅前の街づくりに向けて、権利者全員が同じ方向を向いて一日も早い事業化をめざしていきたい。市の方でもこれからも変わらないお力添えを頂ければ」などとあいさつ。都市再開発法の規定に基づき、市に対して技術的援助の依頼をした。

 これを受けて、高山市長は「関係権利者の皆様方のご協力をぜひお願いしたい。市として、できるだけのお手伝いはさせて頂きます」と応じた。

 今後のスケジュールは、基本計画を策定し、都市計画決定や組合設立を経て、権利変換、既存建物の除却、整備工事と進む見込み。7年後の2028年度に完成をめざしている。

高山市長(右)に設立の報告を行う杉山理事長(右から2番目)ら=11月19日、市長公室
高山市長(右)に設立の報告を行う杉山理事長(右から2番目)ら=11月19日、市長公室

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook