伊勢原版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

ふじだな園 母の日前に出荷ピーク 16種のカーネーション

社会

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
花の状態を確認する熊澤さん
花の状態を確認する熊澤さん

 5月8日(日)の母の日を控え、伊勢原市内でもカーネーションの出荷がピークを迎えている。同市沼目でカーネーションの栽培を行う、ふじだな園の熊澤信章さん(59)を取材した。

 同園では、広さ約400坪の敷地に3棟の温室があり、赤やピンク、白など色とりどりのカーネーションが栽培されている。

 毎年6月に新しい苗を植えて始まる熊澤さんの

カーネーション栽培。9月頃から出荷が始まり、4月末から5月にかけて出荷がピークを迎えるという。

 こまめな水やりを徹底するほか、出荷作業の際は、茎の曲がりや花の状態などを1本ずつ丁寧に確認しているという熊澤さん。同園では1輪だけ咲くスタンダードタイプや、枝分かれして小さな花がたくさん咲くスプレータイプなど、約16種類のカーネーションを栽培。消費者にさまざまな色の花を楽しんでもらおうと、青や紫色に染め上げたカーネーションの出荷にも取り組んでいる。

 熊澤さんが3歳の時に先代の父親が始め、今では年間12万本を出荷している同園。熊澤さんのカーネーションはJA湘南直売所あふり〜な伊勢原店で購入できるほか、厚木市内の市場に出荷している。

 JA湘南担当者によると、現在市内にはJAに加盟し、カーネーションを栽培している農家は3軒。熊澤さんは「母の日はもちろん、普段の贈り物としてもお勧め。色とりどりの伊勢原産のカーネーションを楽しんでもらえれば。花が多くの人の癒しになれば嬉しい」と話していた。

茎の曲がりなどの確認作業の様子
茎の曲がりなどの確認作業の様子

伊勢原版のトップニュース最新6

4回目接種始まる

新型コロナワクチン

4回目接種始まる 社会

集団接種は7月2日(土)から

6月24日号

県予選好成績で全国へ

伊勢原高校ライフル射撃部

県予選好成績で全国へ スポーツ

最後の大会で躍進誓う

6月24日号

ザリガニバスターズ体験

大山小6年生

ザリガニバスターズ体験 教育

外来種から自然環境学ぶ

6月17日号

3年ぶりに縮小開催

道灌まつり

3年ぶりに縮小開催 文化

飲食ブースの出店も

6月17日号

環境学習で自然と共生

伊勢原市

環境学習で自然と共生 社会

オオキンケイギクを防除

6月10日号

「鎌倉殿」ゆかりの地を紹介

「鎌倉殿」ゆかりの地を紹介 文化

伊勢原PRパンフを発行

6月10日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook