神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年3月15日 エリアトップへ

伊勢原市卓越技能者表彰を受けた 山岡 史郎さん 東大竹在住 75歳

公開:2024年3月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

親切・丁寧心掛け50年

 ○…3月1日の伊勢原市制記念日にあたり、各分野で功労・功績のあった個人や団体を表彰する市制記念日表彰。その中で、極めて優れた技能を有し、その技能が第一人者と目されている人を称える卓越技能者表彰を受けた。「長くやってきただけのことだから照れ臭い」と謙遜する。

 ○…生まれも育ちも伊勢原。伊勢原中を卒業後、職業訓練所に1年間、2年目から平塚の技術高等学校に入学。そこから3年間、働きながら昼と夜を交互に、学校に通う生活を送った。特に夜間に学校で職場の話をするのが楽しかったという。小・中と続けた野球部に高校でも入部。投手として活躍した。「仲間とプレーするのは本当に楽しかった。今はもっぱらテレビ観戦かな」

 ○…山岡畳店を開業したのは23歳の時。それまで勤めていた会社は部品の試作品を設計図通りに作り、生産ラインに乗せるという重要な部署。しかし仕事にやりがいを感じられず退職。地元の野球仲間に家業が畳店の友人がいたことから、会社を辞め弟子入り。15年ほど修業し開業した。修業時代は現在と違いほぼすべて現場での仕事。「冬に霜柱が立つ現場作業なんて当たり前だった。今は運んできて機械で作るから楽になった。でも機械より昔ながらの手作業のほうが早いかも」と誇らしげにほほ笑む。

 ○…生活スタイルや時代の変化に伴い、畳の需要は大きく減少。同業者も次々と廃業していく中、親切・丁寧をモットーに、仲間と共に畳文化を守ってきた。指導してくれた親方や仲間のことを考えたら途中で投げ出したくなかった」。1畳が40kgにもなる畳を上層階まで運ぶこともある仕事。「お客様の『ありがとう』がやりがい。体が動くまで続けたい」。生涯現役を誓う。

伊勢原版の人物風土記最新6

田渕 勝彦さん

比々多神社雅楽会の代表を務める

田渕 勝彦さん

桜台在住 66歳

5月24日

西野 節(みさお)さん

聖峰(ひじりみね)世話人会の会長を務める

西野 節(みさお)さん

三ノ宮在住 68歳

5月17日

滝沢 省吾さん

伊勢原手作り甲冑隊の5代目隊長に就任した

滝沢 省吾さん

上粕屋在住 83歳

5月10日

平野 杏子さん

平塚市美術館で「平野杏子展」を開催している

平野 杏子さん

伊勢原市出身 94歳

5月3日

増田 文彦さん

伊勢原市消防団の消防団長に4月1日付で就任した

増田 文彦さん

日向在住 58歳

4月26日

冨手 和行さん

フォーミュラドリフトジャパン(FDJ3)のカテゴリーで年間2位になった

冨手 和行さん

上粕屋在住 42歳

4月19日

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook