神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

競泳自由形眞野秀成選手 初の五輪出場に内定 「自己新で決勝めざす」

スポーツ

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
高山市長から花束が贈られた眞野選手
高山市長から花束が贈られた眞野選手

 市内小稲葉出身の競泳・眞野秀成選手(セントラルスポーツ所属)が、パリ五輪における競泳男子リレー自由形の日本代表に内定。6月5日に市役所で高山松太郎市長を表敬訪問した。

 眞野選手は3月下旬に行われた国際大会代表選手選考会の男子200m自由形で4位になり、パリ五輪の競泳日本代表に内定。初の五輪出場となる。

 3歳から母親の影響で水泳を始めた眞野選手。大田小学校、伊勢原中学、湘南工科大学附属高等学校から日本大学へ進み、中学では背泳ぎと個人メドレーで全国大会にも出場した。一昨年の世界選手権メルボルンでは男子4×200mフリーリレーで5位になり、日本記録を樹立した。

悔しさバネに夢つかむ

 東京五輪を前に背泳ぎから自由形に転向し、代表入りを目指した眞野選手。選考会では決勝で7位、0・6秒差で代表入りを逃していた。昨年のアジア大会で自己ベストを1秒更新し、個人でのパリ五輪出場も見えていたが、3月の選考会では調整不足で惜しくも個人での代表入りを逃した。選考会の前夜は緊張でなかなか寝付けなかったという眞野選手。「これが五輪のプレッシャーか」とあらためて実感。自身を「メンタルが弱く、マイナス思考」と評すが、「いろいろな事を考えすぎずにやろう」と自身を奮い立たせると語った。パリ五輪では個人での出場こそ逃したが「五輪出場は小学生からの夢。本番ではしっかり自己ベストを切れるようがんばりたい。決勝に残り、笑顔で大会を終えたい」と意気込みを語った。

憧れられる存在めざす

 市内出身の先輩で、東京2020五輪競泳の日本代表にも選ばれた塩浦慎理選手については「小さい頃からお世話になった憧れの存在。アジア大会の代表で一緒になり「伊勢原の星」と言ってもらえた。しっかり結果を出し、自分も塩浦選手のように、憧れてもらえる存在になりたい」と話した。小学4年生から暮らす伊勢原については「静かで住みやすいまち。体を動かすことが好きなので、たくさん運動できたことで良い体が出来上がったのかもしれない」と振り返る。

 高山市長からは「緊張せずリラックスして臨んでほしい。市を挙げて応援する」とエールが送られた。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

2選手が初の全国へ

伊勢原高校ライフル射撃部

2選手が初の全国へ

県予選会で好成績

7月12日

周辺企業などと初の連携

県央やまなみ5市町村

周辺企業などと初の連携

名称も変更し新たな門出

7月12日

体験通じ福祉に触れよう

伊勢原市社会福祉協議会

体験通じ福祉に触れよう

サマースクールを開講

7月5日

ジェフ入りが内定

産業能率大猪狩選手

ジェフ入りが内定

「結果に拘り続けたい」

7月5日

アプリで介護予防

伊勢原市

アプリで介護予防

ポイントを電子マネーに

6月28日

電子書籍 導入は16自治体

本紙独自県内調査

電子書籍 導入は16自治体

蔵書数、利用数に課題も

6月28日

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook