神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

能狂言親子教室スタート 大山の伝統文化継承へ

文化

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
晴れの舞台に向け練習開始
晴れの舞台に向け練習開始

 大山の伝統芸能を学ぶ「大山能狂言親子教室」が6月6日から大山阿夫利神社(目黒仁宮司)能楽殿で始まった。教室は月に2回ほど行われ、8月の秋季例大祭、10月の「大山火祭薪能」、12月に予定されている中央公民館の発表会でその成果を披露する。

 小中学生を対象とした同教室は「大山能楽社保存会」が主催。若い世代に向け、地域にある伝統芸能の浸透や、次世代を育成する目的で開催されている。

 大山能は今から300年ほど前に誕生。江戸時代に大山山内の宗教者同士の対立に頭を悩ませた幕府が、紀州の観世流能楽師を呼び寄せて能楽を教え、共に修練することで争いを治めたことが始まりとされる。

 当日は同保存会の目黒久仁彦さんが能狂言の歴史や市制30周年を記念して創作された仕舞「道灌」を舞うことなどについて説明。指導は観世流能楽師で、重要無形文化財総合指定保持者の松木千俊さんが行う。松木さんは「能楽は日本の最も古い芸術のひとつであり、欧州などでは大変注目されている。楽しく学んでいきましょう」と語った。

 大山火祭薪能は10月1日(火)、2日(水)の2日間にわたって開催を予定。観世流宗家観世清和氏一門、人間国宝山本東次郎氏一門が出演、親子教室に参加した子どもたちの集大成が大山の晴れ舞台で披露される。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

2選手が初の全国へ

伊勢原高校ライフル射撃部

2選手が初の全国へ

県予選会で好成績

7月12日

周辺企業などと初の連携

県央やまなみ5市町村

周辺企業などと初の連携

名称も変更し新たな門出

7月12日

体験通じ福祉に触れよう

伊勢原市社会福祉協議会

体験通じ福祉に触れよう

サマースクールを開講

7月5日

ジェフ入りが内定

産業能率大猪狩選手

ジェフ入りが内定

「結果に拘り続けたい」

7月5日

アプリで介護予防

伊勢原市

アプリで介護予防

ポイントを電子マネーに

6月28日

電子書籍 導入は16自治体

本紙独自県内調査

電子書籍 導入は16自治体

蔵書数、利用数に課題も

6月28日

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook