綾瀬版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

地元出身漫画家尚桜子(なおこ)さん 妊娠体験 電子書籍に カテゴリー別で1位獲得

文化

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
尚桜子さんがこれまでに手掛けた作品
尚桜子さんがこれまでに手掛けた作品

 綾瀬出身の漫画家・尚桜子(本名・山口尚子)さん(東京都杉並区在住)が4月末に、著書「助産師さん呼びましょうか?」をKindle版電子書籍で発行した。同書籍は発売以来、Amazonの電子書籍「妊娠・出産」ジャンルの漫画でコンスタントに1位を獲得している。

 「助産師さん呼びましょうか?」は元々、ブログで公開していた自身の妊娠・出産体験漫画。長女出産の時に体感した妊婦の現実を、漫画という形でリアルにわかりやすく伝えたいという思いから描いた。

 「共感できることがたくさんある」「私はこんなことが大変だった」など反響は良く、出版社から書籍化の話は何度もあった。しかし、どれも多少の再編集が必要だったため全て断り、「このままで形にしたい」と、自費で1冊の本にまとめた。その際、夫のコラムを差し込むなど男性向けの要素も盛り込んでいる。

 今回の電子化は、東京ビックサイトで毎年行われている「クリエイターEXPO」に昨年出展した祭、出版社の目に留まり実現したという。全125話を5つに分け、コラム含む本の全ての内容がAmazonでダウンロードコンテンツとして販売されている。

 「これはプロの商品というより、自分のこだわりを詰め込んだ作品。取材した医療機関にも協力いただいたので、恩返しに売上の利益分は全て日本赤十字社に寄付しています」と尚桜子さんは話す。この取り組みをきっかけに、今後は漫画以外のところでも、妊娠している人の支援活動を考えているようだ。

 昨年のクリエイターEXPOをきっかけに進行している仕事もあるそうで、漫画家としての今後の活躍も注目される。

 尚桜子さんは大学卒業後に独学で漫画を学び、24歳でプロデビュー。大手出版社の漫画雑誌掲載経験を持ち、現在はフリーで活動している。市内ではあやせ産業まつりのポスターや、シルバー人材センターパンフレットのイラストなども手掛けている。
 

綾瀬版のローカルニュース最新6

テノール親子1月5日共演

商工会女性部姫ブランド募集

年末野菜直売会

年末野菜直売会 教育

21日 集出荷場で

12月13日号

餅つきで「こんにちわ」

栄和産業と市民グループ

餅つきで「こんにちわ」 社会

日本語塾が課外授業

12月13日号

野球の結果

観光ポスター販売中

綾瀬市商工会

観光ポスター販売中 文化

綾瀬の四季を1枚に

12月13日号

全国のお城が大集合

全国のお城が大集合 文化

 12月21日・22日、横浜で

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク