綾瀬版 掲載号:2018年11月16日号
  • LINE
  • hatena

原田樹君(綾北小5年生)が作品展 次回は2月開催予定

教育

展示された原田君の作品
展示された原田君の作品

 綾北小学校5年生の原田樹君が吉岡の「CAFE KAKA」で10月、6回の日程で50点以上の粘土作品展示を行った。

 自閉症があるという原田君は、粘土工作が好きで個人的に作品を作っていた。「このかわいくてユーモラスな作品をみんなに見て欲しい」と、KAKAの望月美幸さんが「クリエイティヴたつーる」の名前でSNSに上げたところ反響を呼び、同店の窓辺に飾る形での展示に踏み切った。

 展示は10月15〜16日、22〜23日、27〜28日に行われ、SNSを見た人や放課後デイの人、友人、近所の人など70人以上が見学に訪れている。

 「やってみよう、何かに挑戦してみようという、子育て世代のお母さんへのエールが詰まった作品展になりました」と、望月さんは話す。次は来年2月開催を予定している。

綾瀬版のローカルニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日米親善春祭り

日米親善春祭り

米海軍厚木航空施設で

4月27日~4月27日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク