綾瀬版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

学童保育で認知症学ぶ 地域推進委員が寸劇等で説明

社会

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
コグニサイズを体験する児童※体験する様子が動画で見られます
コグニサイズを体験する児童※体験する様子が動画で見られます

 地域包括支援センター認知症地域推進委員が12月5日、学童保育たんけんクラブで「キッズサポーター養成講座」を開催。20人を超える児童が参加した。

 同委員は、国の認知症地域支援施策推進事業として行われている取り組み。綾瀬市では今年4月から市内4カ所の地域包括支援センターに配置しており、認知症の人に対する各サービスの連携支援や認知症の地域支援体制の構築が主な役割となる。

 これらの活動の一環として、子どもたちへの理解を深めるための講座開催を、子ども食堂などを展開するNPO法人がじゅまるの木(小林真希理事長)に打診。同法人が運営する探検クラブでの開催が実現した。

 これまでも市主催で毎年夏に同様の取り組みが行われており、今年の夏休み開催では推進委員らが協力しているが、推進委員主催のものは市内では初開催となる。

 当日、認知症のメカニズムの説明を聞いたあと、具体的な症状や対応を寸劇で楽しく学んだ児童。最後は絵本聞かせのあと、認知症に効果があるとされる「コグニサイズ」を体験した。来年1月にも、学童保育にこにこクラブで講座を予定している。

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク