綾瀬版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

働き方や生活の心得伝える ベトナム語による初の講習

文化

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena
母国語で講演するイサゴジャレイさん ※ベトナム語で講演する様子が動画で見られます
母国語で講演するイサゴジャレイさん ※ベトナム語で講演する様子が動画で見られます

 市役所で昨年12月14日、市内で働く外国人労働者のためのものづくり講習会「外国人労働者と日本のものづくり」が開かれ、4社から21人が参加した。

 綾瀬市は外国人労働者が勤務するものづくり企業を多く抱えている。市内で暮らす外国籍の人はベトナム人が最も多いことから、母国の言葉で自国と日本の異なる価値観や考え方、日常生活でのマナーなどを伝ることで仕事や生活の質を向上してもらおうという初の取り組み。

 講師を務めたのは、(株)アースファクトリーに勤め、日本のものづくりに15年間携わっているイサゴジャレイ氏。同氏は整理・整頓・清掃など製造業における基本「5S」や「報・連・相」について語った。

 今回、同氏が特に伝えたかったのは、「ミスを認めて改善していく意識を持つこと」と、「わからないことはしっかり事前確認をすること」の2点だったという。また、人と人との繋がりを大切にし、自ら気持ちよく働く環境を作ることの重要性も説いた。

 「各社で教育はされているとは思いますが、日本語では伝わりにくいニュアンスもある。それを話してもらいました」と、主催した市工業振興企業誘致課は話している。

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク