綾瀬版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

綾瀬ジュニアバドミントンクラブ 5年生ダブルス全国V

スポーツ

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
根本君(左)と岡部君(右)
根本君(左)と岡部君(右)

 市スポーツ少年団に所属する綾瀬ジュニアバドミントンクラブ(大久保慎一監督)所属の岡部翔君(綾瀬市・綾西小5年)と根本舜生君(横浜市・上山小5年)が、昨年12月24日から28日に東京都八王子市で開催された「全国小学生バドミントン選手権大会」の男子ダブルス5年生以下で、優勝した。

 各地区大会の予選を勝ち抜いた児童が全国から集まる同大会。昨年3位だった岡部君・根本君ペアは、県大会・関東大会ともに優勝という過去最高記録で全国に駒を進めていた。

 「二人とも神奈川の強化メンバーと練習する機会に恵まれた。レベルの高い環境で練習できたのが、実力の底上げにつながったのでは」と、大久保監督は分析する。

 関東大会ではメンタルを崩していた岡部君を、根本君がフォローした形になったが、全国では調子を上げ互いをカバーしながら試合に臨めたという。一番苦戦したという初戦で白星をあげ、その後は危なげなく勝ち進み王者の栄冠を手にした。

 全体的に1点のミスが逆転に繋がる流れが多かったため、1点1点を大切に集中したという両選手。来年に向け根本君は「これで調子に乗らず、挑戦者として臨みたい」と話し、岡部君も「最後の1点まで諦めず、冷静に力を合わせがんばりたい」と抱負を語った。

 なお、同大会では県代表選手による都道府県対抗団体戦も行われ、同クラブ所属の高橋和希君(海老名市・杉久保小6年)が選抜選手として出場し、2連覇に貢献した。

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク