綾瀬版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

井上作品の朗読劇 戯曲「父と暮らせば」公演

文化

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
被爆した父と娘の物語
被爆した父と娘の物語

 井上ひさし原作の戯曲「父と暮せば」の朗読劇公演が8月2日(金)に綾瀬市オーエンス文化会館である。午後2時開演。

 「父と暮せば」は、原爆投下から3年後の広島を舞台に、被爆して亡霊となって現れた父が生き残ったことを負い目に感じている娘・美津江の人生を応援し絶望のふちから娘を蘇らせる舞台作品(戯曲)。井上ひさし主宰の劇団「こまつ座」が1994年に初演。04年には黒木和雄監督・脚本、宮沢りえ・原田芳雄の主演で映画化された。

 大河ドラマ「徳川慶喜」や映画「南極物語」に出演した俳優の内山森彦さんと、俳優で語り手の岡崎弥保さんらが94年8月6日に朗読劇として公演したところ大きな反響があり、「桂月」(8月)を冠した桂月企画を立ち上げて毎年8月6日と9日に上演を続けている。

 3年前にこの作品を鑑賞した「あやせアートプロダクション」の内村由生子さん=落合南=が、オーエンス文化会館に公演を打診。両者の共催で市内初公演が実現した。今年も開催が決まり、市が先ごろ開催した平和展の会場でチラシを配架するなどしている。

 当日は、視覚障害者の介助者は入場無料。内村さんは「朗読劇ならではの想像力が掻き立てられる作品」と話す。大人2千円、中学生以下8百円。

 チケットは綾瀬市オーエンス文化会館で販売している。

綾瀬版のローカルニュース最新6

200人が賀詞交歓

綾瀬市商工会

200人が賀詞交歓 経済

決意新たにスタート

1月24日号

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク