綾瀬版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

初めてのおしごと

教育

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
「ローズ」を握りしめ買う物を吟味する蓮くん
「ローズ」を握りしめ買う物を吟味する蓮くん

 文化会館と中央公民館を「まち」に見立て、子どもたちが働き、賃金を得て買い物をする「こどものまち・ミニあやせ」が7月最後の週末にあり、2日間で約千人が参加した。綾瀬市の主催で今年が7回目。運営の大半を小中学生が担い、原則として親は子どもの様子を見ることができない―。

※※※

 会場の外で母親の理江さんの許可を得て、初参加の小学2年、丸山蓮くんの後をこっそり追った。

 1人で参加した蓮くんは、入場してすぐにホワイエにある求人コーナーの長い列に並び、仕事にありつけるのを待った。

 10分後、工房で雑貨を作る仕事にありつけた。

 職場は公民館2階。そこに辿り着くまで、何度も知らない人に声をかけて場所を教わった。

 工房の看板には「HAPPY工房」とあるが蓮くんにはまだ難しいのか、辺りを右往左往。少しして雑貨売場の大人に場所を尋ねようやく工房に入ることができた。

 20分間の仕事で手にしたお給料は「200ローズ」。紙幣を握りしめた蓮くんは「150ローズ」で射的をして、「30ローズ」でお母さんにお土産のお菓子を買った。

 再び工房の仕事に戻った蓮くんは「次は僕のうまい棒を買う」といい、アクリル板に色を塗る仕事を頑張った。「150ローズ」でまた射的をした蓮くんは「70ローズ」を握りしめ、ごった返す小ホールで空腹を満たすべく品定めをしていた。

※左下段に関連コラム

仕事を求めるこどもたち
仕事を求めるこどもたち
雑貨を作る蓮くん(中央)
雑貨を作る蓮くん(中央)

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク