綾瀬版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

神崎遺跡 十五夜に月愛でる 9月13日 定員20人

文化

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 四季の中で最も美しく夜の満月が楽しめる「中秋の名月」といわれる十五夜に、国指定史跡「神崎遺跡」でお月見を楽しむ催しを市教育委員会と史跡ボランティアの会が企画した。9月13日(金)午後5時に市役所に集まりバスで遺跡へ移動する。

 神崎遺跡では、史跡ガイドボランティアの小川久治さんからお月見の話を聴き、民話の朗読(内藤きみ子さん)と、ピアノ(斉藤洋美さん)とソプラノ歌手(米島美穂子さん)の歌を聴く。

 定員20人。参加申し込みは市生涯学習課【電話】0467・70・5637へ。

 十三夜の10月11日(金)にも同様の催しがある。十三夜には古代人と月についての話やトランペット演奏、プロジェクションマッピングもある。いずれも団子付き無料。

綾瀬版のローカルニュース最新6

200人が賀詞交歓

綾瀬市商工会

200人が賀詞交歓 経済

決意新たにスタート

1月24日号

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク