綾瀬版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

プロと共演 喝采あびる 市民オペラ第2章へ

文化

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

 市民合唱団とプロの音楽家によるオペラ「モーツァルト 魔法の笛」が、8月31日に綾瀬市オーエンス文化会館小ホールで開かれた。満席に迫る242人が来場し、劇中では「綾瀬のトウモロコシ」などのセリフも織り交ぜ観客を喜ばせた。

 この公演は市民参加型のオペラ作りを通じて地域を活性化しようと市民グループ2団体が取り組んだ。市民から参加者を募り今年5月から毎週ワークショップを開くなどして準備してきた=写真。

 25人の団員は本番までの期間、SNSなどを活用してスケジュールを管理。衣装や小道具などの情報も細かく共有し、一人ひとりが「オペラ作り」を肌で学び本番を迎えた。

 主催団体のひとつ「綾瀬でオペラを!の会」の内村由生子代表は「とても良い経験ができました。本公演に向けてさらに多くの市民を巻き込んでいきたい」と話す。

 今回の作品は要約版だったが2021年にはフル版で公演する計画で、今年の10月にはこの作品に愛着を持てるよう、慶應義塾大学音楽学講師の加藤浩子氏を招く講座も開き、さらなる市民の参加を呼び掛ける。

 講座は10月20日(日)午後1時30分から午後4時。会場は綾瀬市中央公民館。参加費500円。

 問い合わせは内村さん【携帯電話】090・4202・6724へ。

綾瀬版のローカルニュース最新6

「夜回りラン」交流深める

「夜回りラン」交流深める 社会

4市5グループの代表ら意見交換

10月4日号

10年ぶりに開封

タイムカプセル

10年ぶりに開封 教育

108人にきょう発送へ

10月4日号

75周年記念誌完成

75周年記念誌完成 社会

元台湾少年工の寄稿も

10月4日号

防災機能も重視へ

防災機能も重視へ 政治

市役所北側に整備、道の駅

10月4日号

「少年工」熱演に大拍手

「少年工」熱演に大拍手 社会

演劇やまと塾

10月4日号

コミバス市負担最大1056円

野球の結果

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク