綾瀬版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

新東名 全線開通23年度に 秦野〜御殿場間で工事難航

経済

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

 中日本高速道路が8月27日、同日午前に横浜市内で開催した「新東名高速道路(海老名南ジャンクション※JCT〜御殿場JCT)連絡調整会議」の結果を公表した。

 この発表によると、20年度に開通予定だった「伊勢原大山IC〜秦野IC間」で、用地取得の難航と埋蔵文化財調査のため工事が遅れ、開通時期が21年度となる。

 さらに「秦野IC〜御殿場IC間」では、のり面崩落に伴う工事用進入路のルートと構造の見直しと「想定以上」の断層破砕帯が確認されたことによる橋梁構造形式の変更で施工計画が見直される。20年度だった開通時期は23年度となる。

 このため「海老名南JCT〜御殿場JCT間」の全線開通時期は23年度まで、計画よりも3年程度遅れることになる。

 「伊勢原JCT〜伊勢原大山IC」間は19年中の開通をめざし工事が進められている。

 新東名の工事は現在、伊勢原JCT〜御殿場JCT間の延長48キロで工事が進められている。

 20年度の上半期を開通目標として工事が進んでいる「(仮称)綾瀬スマートインターチェンジ」の開通時期に影響はない。

綾瀬版のローカルニュース最新6

「夜回りラン」交流深める

「夜回りラン」交流深める 社会

4市5グループの代表ら意見交換

10月4日号

10年ぶりに開封

タイムカプセル

10年ぶりに開封 教育

108人にきょう発送へ

10月4日号

75周年記念誌完成

75周年記念誌完成 社会

元台湾少年工の寄稿も

10月4日号

防災機能も重視へ

防災機能も重視へ 政治

市役所北側に整備、道の駅

10月4日号

「少年工」熱演に大拍手

「少年工」熱演に大拍手 社会

演劇やまと塾

10月4日号

コミバス市負担最大1056円

野球の結果

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク