綾瀬版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポートNo.18 新たな国民病といわれる「腎臓病」 取材協力/とうめい厚木クリニック とうめい綾瀬腎クリニック

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
東京医科歯科大学医学部卒。愛媛県松山市生まれ。趣味はゴルフと音楽鑑賞。工学系の大学も修めた経歴を持つ。
東京医科歯科大学医学部卒。愛媛県松山市生まれ。趣味はゴルフと音楽鑑賞。工学系の大学も修めた経歴を持つ。

 血液をろ過し、不要なものを排出する腎臓は日常生活をするうえで大切な臓器のひとつ。腎臓の機能が低下すると回復しない場合が多く、最後は透析に至るが、早期発見で低下を未然に防げるという。綾瀬市深谷中の社会医療法人社団三思会・とうめい綾瀬腎クリニック院長、とうめい厚木クリニック(厚木市船子)で腎臓病科を受け持つ田村博之医師に話を聞いた。

 「腎臓疾患は『むくみ』や『高血圧』など、直接腎臓疾患とわかる自覚症状が少ない。まずは定期的な検診を受けること。指摘を受けたらしっかりと受診をすることが大切です」と田村医師。腎臓の機能は失われると回復しない場合が多く注意が必要だが、早期発見することで低下が防げる場合もあるという。

外来を開始

 綾瀬市からの誘致を受け、35台の透析装置を備える人工透析施設として2017年にオープンした同クリニック。地域からの要望もあり、予約制で外来診療をスタートした。「風邪などの一般内科外来に加えて、腎臓内科、糖尿病科、禁煙、睡眠時無呼吸などの専門外来を実施しています。また病気の早期発見のため健康診断も受付けています」と話す。

社会医療法人社団 三思会 とうめい厚木クリニック

厚木市船子237

TEL:046-229-3377

https://www.tomei.or.jp/hospital/

綾瀬版のピックアップ(PR)最新6

最近のご葬儀事情

葬儀Q&A【13】

最近のご葬儀事情

住宅事情反映、霊安室での安置も

1月24日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

1月24日号

軽減税率制度の疑問を解決

消費税引き上げ

軽減税率制度の疑問を解決

事業者向けの無料相談会

1月24日号

2月に養成研修

綾瀬市社協

2月に養成研修

定員10人 生活援助従事者研修(通学コース)

1月10日号

チーム組み、糖尿病の最適な治療を

糖尿病内科

チーム組み、糖尿病の最適な治療を

会話を重視したオーダーメイド診療

1月10日号

「都市型工場」転換へ

本社・藤沢工場が完成

「都市型工場」転換へ

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク