綾瀬版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

「少年工」熱演に大拍手 演劇やまと塾

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
慰霊碑を訪ねた劇中場面
慰霊碑を訪ねた劇中場面

 市民劇団演劇やまと塾(上原慶子代表)は9月1日、台湾少年工をテーマにした第28回公演「あの夏の日〜元台湾少年工の里帰り〜」を市保健福祉センターで上演した。

 同作は大戦末期、大和に寄宿し、戦闘機製造に従事した約8400人の台湾少年工の史実を基にした物語。劇団員が脚本、演出まで手掛けた。

 当日は昼夕あわせて656人が観劇。同劇団の公演として過去最高を記録した。観客からは「大和にこんな歴史があったなんて初めて知った」「小中学生にも見せたい」との感想が聞かれた。

 上原代表は「地域の歴史を風化させず伝えていくという目標も達成できた。今後も市民劇団として色々なジャンルの芝居に取り組んでいきたい」と話した。

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク