綾瀬版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

藤沢市遠藤在住 吉野彰さん ノーベル化学賞を受賞 リチウムイオン電池の父

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
本紙のインタビューに応じる吉野氏=11日
本紙のインタビューに応じる吉野氏=11日

 藤沢市遠藤在住で、旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が9日、今年度のノーベル化学賞の受賞者に選ばれた。携帯電話や電気自動車などに広く使われるリチウムイオン電池の開発に加え、地球温暖化など環境対策への貢献が評価された。化学賞受賞は日本人では8人目。藤沢ゆかりでは2010年に受賞した湘南高校出身の根岸英一氏(84)以来。

 「化学賞は領域が広く、デバイス(装置)は順番が回ってこない。まさか、まさかでございます」

 9日、名誉フェローを務める旭化成東京本社で受賞について問われると満面の笑みを浮かべた。

 リチウムイオン電池は使い捨ての乾電池とは異なり、繰り返し使える蓄電池で2次電池とも呼ばれる。小型で高性能なことからスマートフォンやノートパソコンなどに広く利用されており、モバイル型情報化社会における要ともいえる。

 受賞は3氏による共同受賞で、吉野氏はコバルト酸リチウムを正極とし、特殊な炭素素材を負極とする仕組みを開発。会見では「研究者には柔軟性と執着心の二つが必要。壁に当たっても何とかなるという気持ちが大切」と振り返った。

 藤沢市民による快挙に、市内でも祝福ムードが広がった。10日、藤沢市役所を訪れていた60代男性は「日本のものづくりや環境に貢献する技術を世界に示した。市民の誇り」、30代女性は「笑顔に人柄があらわれている。本当に喜ばしい」と祝福した。

 大阪府出身で藤沢に転居したのは40年ほど前。本紙の取材に吉野氏は「藤沢市民として受賞できたことを光栄に思っています」と話した。

web版で紹介

 吉野さんは、欧州特許庁主催の「欧州発明家賞(非欧州諸国部門)」を受賞したとして、2019年7月5日発行のタウンニュース藤沢版「人物風土記」に登場していました。10月18日号藤沢版では吉野さんの独占インタビューを掲載しています。いずれの記事もweb版タウンニュースでご覧いただけます。

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク