綾瀬版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

栄和産業と市民グループ 餅つきで「こんにちわ」 日本語塾が課外授業

社会

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
餅つきを楽しむ参加者
餅つきを楽しむ参加者

 綾瀬市吉岡東の栄和産業(伊藤正貴社長)本社工場で7日、外国出身の市民と餅つきで交流する催しが開かれ、家族連れなど45人が参加した。

 栄和産業の社員食堂で、同社や市内で働く外国人に日本語を指導している市民グループ「日本語クラスあやせ未来塾」(渡邉誠一代表)が同社の協賛を得て5年前から開催している。

 同社は150人いる社員のうちおよそ50人がカンボジアの出身。日本に定住したインドシナ難民が家族を呼び寄せた1980年代に難民の雇用をはじめ、同社には現在、カンボジア出身の役員2人が勤務している。

 未来塾の活動を知った伊藤社長が日本語教室の活動場所として自社の食堂を提供。その課外授業としてバーベキューや餅つきを開いている。日本の食文化を伝えようと、地方の鍋料理を準備し、今年は山形の芋煮が用意された。

 上土棚南で妻と小学生の子ども2人と暮らすベトナム出身のグェンバークイさん(36)は「妻と子ども2人は日本語が上手だけど私はあまり話せない。日本人ともっと友達になりたい」と話していた。

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク