綾瀬版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

7党県代表が年頭談話 五輪イヤーの抱負語る

政治

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

 2020年の年頭に当たり、神奈川県内に組織基盤のある7国政政党の県責任者が本紙に談話を寄せた。

 昨年県下でも大きな爪痕を残した台風被害からの復興や、今夏開催されるオリンピック・パラリンピックへの期待、少子高齢化対策、社会保障政策、行政改革、消費税対応、政治倫理、外交問題など、各党が最も重要と考える諸課題とその解決に向けた意気込みなどが語られている。

 7国政政党責任者の新春に当たっての神奈川県民向けメッセージは以下の通り。(敬称略)

自民党神奈川県支部連合会会長 小此木 八郎

 新年おめでとうございます。昨年は相次ぐ台風で神奈川県も大変大きな被害を受けました。引き続き一日も早い復旧復興に取り組むとともに災害への備えをさらに進めて参ります。本年は東京オリンピック・パラリンピックが開かれます。大会の成功はもちろんのこと変わらず県民の皆様と同じ目線に立って、地域が抱える多くの課題に全力で取り組んで参ります。

立憲民主党神奈川県連合代表 阿部 知子

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。昨年は統一地方選挙や参議院選挙を通して、皆様の温かなご支援をいただきました。本年は甚大化する災害への予防も含めた取り組み、少子高齢社会のセーフティネットの充実、更にカジノ等の賭事によらない持続可能な地域経済の発展等、皆様とともに歩んでまいります。どうかよろしくご指導ください。

国民民主党神奈川県連代表 石上 俊雄

 新年おめでとうございます。昨年は多くの災害に見舞われました。国民民主党は被災地復興のため引き続き全力を注いで参ります。子どもやお年寄りが安心して暮らせる環境作りと共に、「家計第一」を掲げ様々な負担が生じる若い世代を徹底的に支援する政策を推進し、誰もが将来に希望が持てる社会の実現に邁進して参ります。本年も宜しくお願い申し上げます。

公明党神奈川県本部代表 上田 勇

 新年あけましておめでとうございます。昨年は、台風19号をはじめとする自然災害が頻発し、神奈川県内でも甚大な被害が発生しました。公明党はこうした教訓を政策に反映させ、県民の生命と財産を守る防災・減災対策に全力を傾注していきます。被災地域の復興、老朽インフラの更新、耐震化の推進等をネットワークの力で皆様のご期待にお応えする決意です。

神奈川維新の会代表 松沢 成文

 新年おめでとうございます。私たちは日本が抱える本質的な問題から目をそらしません。議会改革、行政改革により財源を生み出し、その財源を今一番必要とされるところに投じていきます。また、タバコの煙から国民の命と健康を守る改正健康増進法も4月から全面施行されます。私たちはこれからも神奈川からの改革を全国へ広げて参ります。

日本共産党神奈川県委員会委員長 田母神 悟

 新年おめでとうございます。「桜を見る会」問題ではっきりしたのは安倍政権による究極のモラル破壊の政治でした。安倍政治を終わらせ、くらしと経済の再生に向けた消費税の緊急5%減税やアメリカや中国にまともにものを言える外交など、希望ある政治へ転換しなければなりません。来たるべき総選挙では野党連合政権実現へ向け全力をあげて頑張る決意です。

社民党神奈川県連合代表 福島 みずほ

 新年おめでとうございます。「桜を見る会」に象徴されるように、安倍政権の公私混同、デタラメぶりは目を覆うばかりです。消費税増税と格差拡大により多くの人々が将来への不安を感じながら暮らしています。2020年は総選挙があると言われています。今こそ、市民一人ひとりが力を合わせ、政治の流れを大きく変えましょう。社民党も全力で闘い抜きます!
 

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク