「希望の光飛ばしたい」 螢田に蛍を育む会が繁殖事業

経済

掲載号:2018年6月16日号

  • LINE
  • hatena
声をかけながら世話をする松谷会長
声をかけながら世話をする松谷会長

 「螢田にホタルを飛ばそう」―。6月になるとホタルが繁殖のために光を灯しながら川辺を飛ぶ小田原アリーナ脇の蛍川。「螢田に蛍を育む会」(松谷良峰会長)では、都市化により全国的に失われつつあるゲンジボタルの生息環境を守り、ホタルの光を復活させようと今年初めて人工繁殖の挑戦を始めた。

「字螢田」残る蓮正寺

 一般的に「螢田」の名称は、1952年開業の螢田駅の駅名が発端とされる。周辺にホタルが飛ぶ田園地帯が広がっていたことに由来するが、実はそれ以前に定められた蓮正寺370番地の字名としても螢田の名が残っていることがわかった。

 「かつてこの地域はホタルがいる田園地帯として知られていた。ホタルと人が共存するまちを復活させたい」。地元に住む松谷会長は97年、45人の会員とともに会を発足。小田原アリーナの開業に伴いごみのポイ捨てが増え、生活排水による川の汚染が問題になっていた蛍川の清掃活動や雑草の手入れ、さらにホタルは暗闇を好むため、アリーナの電灯を遮るヤマザクラなどの植樹を行ってきた。

 しかし、2001年の酒匂川堤防拡張工事の影響により、数は少ないながらも生息していたホタルが全滅。それ以降は清掃活動を続けながら、他地域から提供されたホタルを飛ばし、観賞会を企画してきた。

人工繁殖に挑戦

 同会は自生するホタルを復活させようと、昨年繁殖3カ年計画を策定。1年目は川岸の全長7メートルの土壌を整備して幼虫の蛹床(さなぎどこ)を作ったほか、エサとなるカワニナの数を増やすことにも成功。2年目の今年は、成虫を会員の自宅で飼育。産卵、ふ化させたのち、幼虫を放流する予定だ。

 松谷会長は「ホタルが飛ぶと心が安らぐ」と話す。暗闇を照らす柔らかい灯(ともしび)は、「まるで暗い気持ちに夢を与える希望の光のよう。20年の東京五輪の年にホタルがたくさん飛ぶようすをみんなに見せるのが夢」。

 21年間に及ぶ活動で、蛍川はごみも減りきれいな水を取り戻した。カワニナの生息数も増え、少しずつホタルの姿も戻ってきている。「ホタルと共存するまちを広めていきたい」と挑戦は続いていく。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

上府中公園にドッグラン

上府中公園にドッグラン 社会

5月から試行的に開設

5月14日号

松本町長らを刑事告発へ

真鶴町

松本町長らを刑事告発へ 政治

選挙人名簿流出問題で

5月14日号

井上氏、参院選出馬へ

井上氏、参院選出馬へ 社会

自民比例区で

5月14日号

色鮮やかに咲き揃う

色鮮やかに咲き揃う 文化

北条さつき会が展示会

5月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月14日号

あの「iFace」は小田原から

あの「iFace」は小田原から 文化

若年層に人気のスマホケース

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook