木のパワーに感嘆 木の祭典

文化

掲載号:2018年12月1日号

  • LINE
  • hatena

 小田原、箱根地域の木工職人たちが、木の文化に触れてもらおうと2年に一度開催している「小田原・箱根『木・技・匠』の祭典」。11月23日からの3連休にハルネ小田原で開かれ、約8800の人でにぎわった。

 場内は3つのブースに分かれ、制作の実演や木製品の直売、ワークショップなどを展開。職人の技術とアイデアを競う「木のクラフトコンペ」の入選作品が展示され、来場者は巧妙な仕掛けや細工に感嘆の声をあげていた。

 かつて小田原城の人気者だったウメ子に見立てた木製のゾウに、端材で自由に飾るブースには、子どもたちが次々と貼り付ける姿も=写真上。真鶴から来場した大内瑞保さんは、息子の瑞貴ちゃんを連れ「自分も小さい頃つみきでよく遊んでいた。木の感覚が好きみたいです」と木製おもちゃで楽しそうに遊んでいた=写真下。

 木工業界では、職人の高齢化が進む一方、次世代が盛り上げ役を担う動きもある。箱根物産連合会の露木清勝会長は「今回は若い世代が企画段階からまとめてくれ、世代交代もしながら、盛りあがったと思う」と盛況ぶりを喜んだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook