CDデビュー15周年 藍坊主、凱旋ライブ ツアーラストは市民会館

文化

掲載号:2019年1月26日号

  • LINE
  • hatena
〈左から〉渡辺拓郎さん(36)、hozzyさん(36)、田中ユウイチさん(36)、藤森真一さん(35)(2018年12月22日小田原姿麗人にて)
〈左から〉渡辺拓郎さん(36)、hozzyさん(36)、田中ユウイチさん(36)、藤森真一さん(35)(2018年12月22日小田原姿麗人にて)

 小田原出身のロックバンド「藍坊主(あおぼうず)」がCDデビュー15周年を迎え、2月11日に小田原市民会館で凱旋ライブを行う。

 藍坊主はリーダーの藤森真一さん(ベース・西湘高出身)、hozzyさん(ボーカル・相洋高出身)、渡辺拓郎さん(ドラムス・足柄高出身)、田中ユウイチさん(ギター・足柄高出身)の4人組バンド。高校時代は別々のバンドを組んでいたが、幼馴染みの藤森さんとhozzyさんが意気投合したのをきっかけに1999年、前身となる「ザ・ブルーボーズ」を結成、地元小田原を中心にライブ活動を始めた。2000年にバンド名を「藍坊主」に改名、活動場所を東京に移した。

 03年、インディーズデビューアルバム『藍坊主』をリリース。タワーレコード小田原店(閉店)で開いたインストアライブにはファン約650人が駆け付け一躍注目を浴びた。翌年、メジャーデビュー。05年からワンマンツアーを開始すると、渋谷公会堂やZeep Tokyoなど次々にチケットはソールドアウトに。その後も精力的にライブ活動を続け、11年には念願の日本武道館でワンマンライブを果たした。

*   *

 「『ありがとうございます』の気持ちを込めて回らせてもらっています」。現在、15周年記念ツアーで全国を駆けまわっている4人。市民会館のステージに立つのは、12年以来2度目だ。15年に自分たちのレーベルを立ち上げてから今まで以上に地元小田原を意識するようになったという彼ら。JR小田原駅の発車メロディ『お猿のかごや』の編曲を藤森さんが務めたのも地元愛の証といえる。「15周年のラストは小田原でライブを行いたいと思いました。小田原の皆さんに是非見て欲しい」

 近々、新曲『レタス』を発売予定。「15年間リリースを重ねてこられたからできたような、音楽の面白さと疾走感を兼ね備えた楽曲になっています」とhozzyさん。

 市民会館公演は午後5時開演。全席指定で前売り4600円、当日5100円。イープラスほかで販売中。(問)ホットスタッフプロモーション【電話】03・5720・9999

日本武道館でのライブの様子(2011年)
日本武道館でのライブの様子(2011年)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

豊かな香りと色を堪能

豊かな香りと色を堪能 文化

フラワーガーデンで秋バラ

10月23日号

悔しさ少し、全日本準優勝

安藤雄哉・高橋光ペア

悔しさ少し、全日本準優勝 スポーツ

ジュニアテニス選手権

10月23日号

ケーキショーで銀賞

ケーキショーで銀賞 文化

樫の樹の桐村美咲さん

10月23日号

夢を乗せた風船飛来

夢を乗せた風船飛来 文化

三重県の幼稚園から

10月23日号

ユニークタオル東京で展示

南足柄出身瀧澤さんら

ユニークタオル東京で展示 文化

丸めてちょんまげに

10月23日号

27日から文芸展

27日から文芸展 文化

三の丸ホールで

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook