大正建築を宿泊施設に 銀座通りにDIYで完成

経済

掲載号:2019年4月13日号

  • LINE
  • hatena
築100年近い建物が醸し出す懐かしい雰囲気と、モダンな色遣いが融合した空間
築100年近い建物が醸し出す懐かしい雰囲気と、モダンな色遣いが融合した空間

 小田原銀座通りにこのほど完成した宿泊施設「サマサマステイ」。週末を中心に、県外から宿泊客が訪れ、アジア各国やヨーロッパからも予約が入っている。

 建物は大正9年に建造され、数回にわたり増築された2階建て。ガラス店が営業していたが、閉店後は数年間空き家になっていた。2016年に本町在住の黒後裕紀さん(42)が、1階部分に女性専用の交流サロン「ママまんがルーム サマサマ」をオープン。その後、2年間かけて2階部分に宿泊施設をつくり、簡易宿所の許可を取得した。

 黒後さんは小田原に移住して7年。学生時代からアジアや欧米各国を旅しており、化学品メーカーの営業としてシンガポールに8年半勤務していた。そんな海外での経験から、「小田原にも、家族連れやお友達のグループ、バックパッカーの人が気軽に宿泊できる場所ができたら」と、週末を利用して夫と2人でリノベーションに取り組んだ。水回り以外はすべて手作り。設計図はなく、壁の色や天井の張り替えも作業しながら決めたという。海外から宿泊客を迎え入れるにあたり「日本の古民家ならではの、どこか懐かしい雰囲気を感じてほしい」という思いで、柱や梁はそのままに。建具や桐たんすは再利用している。畳に布団を敷くことも考えたが、外国人客が利用しやすいようにベッドを置いた。

 宿泊は3人から6人までの1グループ限定で、キッチン、バスルームも利用できる。栃木県から家族と5人で訪れた八木猛志さん(43)は、「木の味わいを感じるお洒落な空間。広々としていて、子どもと一緒でも気兼ねなく過ごせます」と声を弾ませた。黒後さんは「駅からもお城や海からも近いので、小田原をゆっくり観光してもらえたら」と話している。

オーナーの黒後さん
オーナーの黒後さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壁を彩るおりがみ飾り

壁を彩るおりがみ飾り 社会

かもめ図書館で展示会

5月18日号

上映会に2000人

上映会に2000人 文化

映画「二宮金次郎」が盛況

5月18日号

「想像力豊かに育って」

「想像力豊かに育って」 社会

城北RC 9校へ本を寄贈

5月18日号

「横断歩道注意してね」

「横断歩道注意してね」 社会

箱根関所で交通安全

5月18日号

相州牛が4連覇

相州牛が4連覇 文化

横浜ミートフェア

5月18日号

お花と笑顔で感謝伝える

お花と笑顔で感謝伝える 教育

だいしん中町会が母の日企画

5月18日号

1年の集大成に釘付け

1年の集大成に釘付け 文化

陶芸同好会作品展

5月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク