(PR)

ニッポンの宣伝部長になる 有意義なセカンドライフに

掲載号:2019年6月15日号

  • LINE
  • hatena

 外国人観光客にとってニッポンの見どころは、城や温泉だけではない。見知らぬ地に暮らす人と交流し、生活様式や文化を疑似体験する――。そんな旅のスタイルがウケているらしい。

 たとえば、味噌汁をつくったり、折り鶴を折ったり。生活様式と言っても大げさなものではなく、我々にとってはごくありふれた日常のワンシーンが外国人には珍しく、魅力的に映るのだ。

 こうしたニッポン人の生活スタイルを外国人に発信しているインターネットサイトがある。国内各地の中高年が提供する体験メニューが登録された『TRIPLUS』だ。申込みがあれば提供者自身が外国人をもてなすもので、報酬も支払われる。

メニューを考えよう

 サイトを運営する秋山智洋氏によるセミナーが開催される。参加対象は55歳以上。メニューを企画するワークショップも行われる。※詳細は上記

小田原市生涯現役推進協議会

神奈川県小田原市荻窪300番地

TEL:0465-33-1379

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/secondlife/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

泌尿器科が新体制に

医療レポートシリーズ45

泌尿器科が新体制に

取材協力/県立足柄上病院

5月8日号

「シロアリ緊急事態宣言」発令中

(株)三和消毒 

「シロアリ緊急事態宣言」発令中

シロアリも蔓延防止が大切

5月8日号

矢秀庵が20周年

自家製石臼挽き蕎麦

矢秀庵が20周年

生ビールなど1杯サービス

5月8日号

ペットと一緒に入れる樹木葬が誕生

世界的庭園デザイナー石原和幸氏がプロデュース

ペットと一緒に入れる樹木葬が誕生

小田原市東町 道場院「小田原庭苑」

5月1日号

かまぼこ通りにジェラート店

かまぼこ通りにジェラート店

龍宮堂がオープン

5月1日号

光のこども遊園地

GWは小田原城イルミ!

光のこども遊園地

大人300円、小中高生100円

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter