若者が守屋市長と対談 まちづくりの意見交換も

政治

掲載号:2020年10月17日号

  • LINE
  • hatena
熱心に語り合うメンバーと守屋市長
熱心に語り合うメンバーと守屋市長

 地域課題に取り組む「ノンブランド小田原」の小林瑞歩さん(早大4年)と高校生、大学生4人が10月8日、「小田原市の方向性やビジョンを知りたい」と、守屋輝彦市長と意見交換を行った。小林さんは5月の小田原市長選挙の際に、投票を呼び掛けるサイト「VOTE FOR ODAWARA」を運営。候補者へのインタビューも経験している。今回は小林さんと石黒詩織さん(同)、押田彩音さん(明大3年)、私立高校に通う佐藤萌々花さん(3年)、草山健吾さん(2年)が訪問。ほかにも3人がビデオ通話で参加した。

 メンバーからは「市長が思う小田原の強みとはどんなところか」「移住促進のために実施していることとは」「民間のリーダーとはどんな人なのか」、「今後重点を置きたい分野」など、切り込んだ質問が続いた。また、活動を通して感じた「縦割り行政」への課題や「年代別の投票率が知りたい」などの提案も投げ掛けた。

 約80分の対談を終え、「市長が、まちの将来を語り合える場について言及したことが印象的。地域で生活している人を群集ではなく個々に見る視点が必要」、「若者課の設置など、一若者としてポジティブに捉えることができた。若いからこそ感じることを市政に訴えていきたい」とメンバー。守屋市長は「高校・大学生が地域や社会に関心を持ち、主体的に行動していることは大変うれしい。鋭い質問も多く、議会答弁のように緊張した。若者の今後に期待します」と話した。

 メンバーによる意見交換のレポート記事はウェブサイト「タウンニュース政治の村students」に近日公開予定。【URL】https://seijinomura.townnews.co.jp/students/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「カホン」作って叩こう

大村楽器店

「カホン」作って叩こう 文化

小田原の間伐材利用

10月17日号

新生児に10万円

湯河原町

新生児に10万円 社会

コロナ対策で独自支援策

10月17日号

寄付

寄付 社会

10月17日号

箱根の魅力を全国に

箱根の魅力を全国に 経済

温泉総選挙にエントリー

10月17日号

密避け呼びかけ

密避け呼びかけ 社会

赤い羽根共同募金

10月17日号

規模縮小し継続開催へ

箱根大名行列

規模縮小し継続開催へ 文化

今年は疫病退散を祈願

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク