サッカー全国制覇に貢献 「奇跡」呼び込んだ積極性 酒匂中出身 広澤灯喜選手(山梨学院高3年)

スポーツ

掲載号:2021年1月23日号

  • LINE
  • hatena
凱旋した広澤選手(撮影・1月16日フットサルポイント小田原)
凱旋した広澤選手(撮影・1月16日フットサルポイント小田原)

 埼玉スタジアム2002で行われた全国高校サッカー選手権大会の決勝を制し、通算2回目の優勝を果たした山梨学院高校。小田原市立酒匂中学校出身の広澤灯喜(とき)選手(3年)が同大会を通じて主力として活躍した。

 サイドアタッカーとして相手陣内に切り込む瞬発力、当たり負けしない体幹とボールを収める足元の技術を持ち合わせる広澤選手。決勝の青森山田戦では前半、ゴール前のスペースへ出されたパスに走り込み、相手DFのタイミングをずらした技ありシュートで先制点を奪取した。

積み重なった「11」

 強豪相手に「受け身にならず攻撃的な姿勢で行けた結果。早い時間に点が取れて高ぶった」と振り返る。今大会、全ての試合で先制点を決めて勝ち進んできた。日本一に向け必勝パターンを作り上げたこの1点は、別の驚きをチームにもたらしていた。

 ゴールを決めた瞬間、両人差し指を上げて「11」のポーズを決め、仲間と喜びを表現した広澤選手。これは決勝当日が1月11日、背番号11の広澤選手による前半11分過ぎの得点を実現させたことによるものだ。

 「決勝前日に気付いて『これができたら凄くない?』ってメンバーと話していました」。その後試合はもつれ、2対2のまま迎えたPK戦を制し、同高は「11大会ぶり」の優勝を果たし、最後を飾る「11」のピースも加わった。

 「話していたことが全部実現して驚いた。持っているなと思いました」。自身のツイッターで呟いた「ぞろ目の奇跡」は、6千を超える「いいね」が付くなど大きな注目を集めている。

とにかく楽しめ

 広澤選手がサッカーを本格的に始めたのは小学2年生の時。酒匂サッカー少年団から湘南ベルマーレU─15小田原、レアルマドリードが運営する横浜のサッカースクールへとステップアップしながら技術を磨いた。加えて中学サッカー部や公園での自主練もこなした日々を「とにかくサッカーが好きだった。普段はお調子者ですが、好きなことを楽しむための姿勢だけは真面目かも」。

 選手権閉幕後、束の間のオフに地元へ戻り中学への優勝報告やかつてのチームメイトらとフットサルで汗を流した。「ひたすら楽しい時間でした。お祝いの言葉をもらってようやく日本一になった実感が湧いてきた」と笑顔を見せる。

 将来の目標は世界の年間最優秀選手に贈られる「バロンドール」の獲得。「目指すところはどれだけ高くても良いと思っています。サッカーが好きならそのための努力も苦しくはないはず。サッカー選手を目指すなら『とにかく楽しめ!』と伝えたい」。サッカー少年たちへのメッセージも爽快だ。
 

地元仲間と祝賀フットサルを楽しんだ
地元仲間と祝賀フットサルを楽しんだ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

まちかどにおひなさま

まちかどにおひなさま 文化

ピアノカフェ伊勢治に展示

2月27日号

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー

【Web限定記事】企画展

ヴェネチアン・グラスが映す栄光ーペストを乗り越えた先にー 文化

箱根ガラスの森美術館で4月18日まで

2月27日号

一般会計は87億円

湯河原町新年度予算案

一般会計は87億円 政治

前年度比で12億円減

2月27日号

バットマンを日本初 舞台化

バットマンを日本初 舞台化 文化

NINJA館で番組収録

2月27日号

子育てとSDGsを学ぶ

真鶴町道草書店

子育てとSDGsを学ぶ 社会

地域の母親らと企画

2月27日号

アロマを体験

アロマを体験 文化

たかすけ自動車で

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク