県西でICT活用教育 小中学生に端末提供 進む

教育

掲載号:2021年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 教育現場でのICT(情報通信技術)活用を促進し、創造性を育む教育の実現に向けて国が進める「GIGAスクール構想」。小中学生に1人1台学習用端末を提供し、一人ひとりに合った学びの環境整備を目指す。県西1市3町でも小中学校への端末配布が進められている。

 小田原市では現在、市内の児童・生徒をはじめ、教員向けにノート型端末「クロームブック」約1万4000台の配布を進めている。市教育指導課によると、市は4月から同端末を活用した授業を本格稼働するとしている。

 端末を活用することで、教室では双方向型の一斉授業が可能になるほか、子どもたち一人ひとりが自分の考えを互いにリアルタイムに共有しやすくなる。例えば、導入予定の授業支援ソフトウェア「オクリンク」を使えば、端末上で児童・生徒が自分の考えをカードに記入し、そのカードを並べ替えたり、つなげたりしてプレゼンテーションすることもできる。また協働で発表資料を作成することなどにも生かせるという。

 このほか、各自の学習進度に応じて学べる個別学習ソフトも導入される。解答は自動採点され、教員にとっては児童・生徒の学習状況を把握しやすくなる。

 箱根町、湯河原町、真鶴町でも、町ごとに配布時期に違いはあるが、端末の整備が進んでいる。運用開始時期は各学校の判断になるが、概ね4月ごろから活用されるとみられる。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

グラウンドに歓声響く

グラウンドに歓声響く スポーツ

2年ぶりのマルクカップ

4月17日号

14人が養成講座を受講

14人が養成講座を受講 文化

小田原ガイド協会

4月17日号

聖火リレートーチを展示

小田原市

聖火リレートーチを展示 スポーツ

市庁舎ロビー 4月26日・27日

4月17日号

大人の塗り絵で入選

大人の塗り絵で入選 文化

デイサービス ふらっと

4月17日号

Students show their appreciation to doctors by messages

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Students show their appreciation to doctors by messages 社会

4月17日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter