南箱道路、4月28日開通へ 観光振興に期待

社会

掲載号:2021年4月10日号

  • LINE
  • hatena
開通日などが決まった県道731号(箱根町仙石原側 4月3日撮影)
開通日などが決まった県道731号(箱根町仙石原側 4月3日撮影)

 神奈川県はこのほど、箱根町仙石原と南足柄市矢倉沢をつなぐ県道731号(通称・南箱道路)が4月28日に開通予定と発表した。施工から約8年にしてようやく2つの町と市をつなぐ交通ルートが完成する。

 同道路は既存の林道(約10・9Km)を県道に格上げし、災害時の代替ルート確保のほか、広域連携による観光振興、地域活性化、箱根地域の道路渋滞緩和などを目的に2013年度に整備が開始された。当初は20年の開通を予定していたが、19年の台風による被害で工事工程が全面的に見直され、今春の開通を目指して整備が進められていた。

通行車両は制限あり

 県道への格上げに伴い、新たにガードレールの取り付けや待避所の設置、のり面の整備、道路の舗装などの安全対策が施された。国立公園などを通過することから極力地形を改変せず整備したため、県は乗車定員11名以上の乗用車と最大積載量3t以上の貨物車は通行できないよう通行車両に制限を設けた。

県道初の愛称が決定

 県は3月29日、同道路の愛称が「はこね金太郎ライン」に決まったと発表した。1190件の応募の中から鈴木利明さん(小田原市在住)の作品が選ばれた。県が管理する県道で愛称が決まるのは初めて。愛称は19年8月から10月にかけて公募。県機関・有識者などで構成する選考委員が応募の中から入賞作品を決め、その結果をもとに県、南足柄市、箱根町が愛称を選んだ。

 勝俣浩行箱根町長は開通日の決定を受け「南足柄市や周辺市域との新たな観光周遊ルートが創出されることで交流が生まれ、箱根や南足柄市、足柄上郡5町の人々との絆の深まりに期待したい。また、他の国県道の渋滞緩和や災害発生時の代替ルートにもなるので、町民の安全安心な暮らしを守る点からも重要な道路になる」とコメントした。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook