♯5 小田原市観光交流センター まちの魅力が集う空間 地域ゆかりのワークショップも

文化

掲載号:2021年7月31日号

  • LINE
  • hatena
木のぬくもり溢れる空間で、寄木細工コースターのワークショップを楽しむ子どもたち
木のぬくもり溢れる空間で、寄木細工コースターのワークショップを楽しむ子どもたち

 新ホール「小田原三の丸ホール」開館に先駆けて7月22日、隣接する建物に新たな観光拠点施設「小田原市観光交流センター」がオープンした。施設は2階建てで、1階には観光案内カウンターやカフェが設けられ、小田原ゆかりの物販も行われている。ネット環境が整っており、2階には電源が取れるスペースも。どこにいても木のぬくもりを感じられる内装には小田原産のヒノキが活用されており、テーブルやカウンター、商品の陳列棚も小田原産のスギで作られている。

 運営するのは、(株)小田原ツーリズムと報徳仕法(株)、FM小田原(株)の3社による指定管理者「三の丸地域循環創造事業体」。周辺エリアのまち歩きや文化・芸術の発信拠点として若手・新規芸術家を支援するプロジェクトなど、さまざまな活動を展開していく予定だ。現在は、寄木細工コースターや小田原ちょうちんなどのワークショップを実施中。7月22日から25日の4連休は親子連れなどで賑わい、30組がワークショップを楽しんだ。木製ハガキに文を綴り、未来の日付を指定して施設内の木製ポストに投函する「アニバーサリーポスト」も人気で、「コロナ禍で遠くのおばあちゃんに会えないので誕生日のメッセージを送った」という親子の姿もあった。センター長の前島真弓さんは「まん延防止等重点措置が明けたら、近隣の体験施設やレストラン、観光タクシーの案内や予約代行なども行い、地域への回遊性を高める施設にしていきたい」と話している。
 

未来への手紙を投函
未来への手紙を投函
「にぎわい広場」には涼しげな噴水も
「にぎわい広場」には涼しげな噴水も

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook