努力で掴んだ全国優勝 前羽小、北村大芽君

スポーツ

掲載号:2021年11月27日号

  • LINE
  • hatena
ガッツポーズを決める北村君
ガッツポーズを決める北村君

 前羽小学校の北村大芽君(2年)が、11月6、7日に開催されたジュニアバドミントンフェスティバルINさいたまに出場し、男子シングルス2年生以下で優勝した。

 初めての全国大会で、「自信はなかった」と話すが、試合が始まると日頃の練習の成果を発揮し、トーナメントを勝ち進んだ。母親に力強く背中を押され臨んだ決勝戦では、1ゲーム目を5対15で落としたものの、体勢を立て直し見事勝利を収めた。優勝が決まったときは、嬉しさのあまり号泣したという。

 父親の影響で、3歳からラケットを握り始めた北村君は、幼稚園の年長で綾瀬ジュニアバトミントンクラブ(綾瀬市)に入会。片道1時間以上かけ、多いときは週6回の練習に励んできた。学校の宿題や晩ごはんは、移動中の車内で済ませることが多いという。

 東京五輪にも出場した桃田賢斗選手が憧れで、北村君も日本代表を目指して、今から強豪校への進学を考えている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食から育む郷土愛

給食から育む郷土愛 文化

展示でみる小田原市の学校給食

1月29日号

大量調理 高校生に伝授

崎村調理師専門学校

大量調理 高校生に伝授 教育

吉田島高と授業で連携

1月29日号

城北工高生がロゴデザイン

西湘バイパス

城北工高生がロゴデザイン 社会

全線開通50周年で

1月29日号

平塚は4・83倍

県立中等教育学校入試倍率

平塚は4・83倍 教育

1月29日号

「梅の花を満喫して」

「梅の花を満喫して」 文化

2月5〜27日、梅まつり

1月29日号

イケメンパネルでPR

イケメンパネルでPR 文化

下曽我商工振興会が制作

1月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook