真鶴町第三者委 町長の刑事告発求める 調査報告「前代未聞」

政治

掲載号:2022年5月7日号

  • LINE
  • hatena
町第三者委員会の今村哲也委員長(中央)ら(4月28日)
町第三者委員会の今村哲也委員長(中央)ら(4月28日)

 真鶴町の松本一彦町長の選挙人名簿抄本不正コピー問題を巡り、町の第三者委員会は4月28日、昨年12月から進めてきた松本町長や町議ら関係者への調査の結果や、再発防止策などをまとめた報告書を町に提出した。

 第三者委員会は、松本町長のほか、元選挙管理委員会書記長や町議らが絡む一連の問題について「前代未聞の不祥事」と強く批判。松本町長の行為については、少なくとも窃盗罪、建造物侵入罪、守秘義務違反の罪、職権濫用による選挙の自由妨害罪、買収(供与)罪に問われるべきと判断し、町に刑事告発と損害賠償請求を行うことを求めた。

 また、不正コピーされた選挙人名簿抄本には、選挙人が期日前投票したか、投票所で投票したかなどの記載もされていたと指摘。同日町内で開かれた記者会見で同委は、松本町長が投票状況に関する個人情報を流出させ、町議選の候補者に提供していたことに対し「民主主義の基礎を崩す問題。許されていいはずがない」として、町長をはじめ関係当事者の順法意識の欠如を糾弾した。

 同委は再発防止策として、松本町長を含む町の全職員に「公人たる自覚」や職務倫理の啓発、文書保管庫の入退管理の徹底、鍵付きロッカーの整備などを求めた。

 同委の会見後、会場で記者団の質問に応じた松本町長は「報告書の内容を真摯に受け止め、顧問弁護士などと相談して今後の対応を考えたい」とした。同報告書は町HPで公開されている。

    (4月29日起稿)

記者団の質問に答えた松本町長
記者団の質問に答えた松本町長

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

優勝誓い 選手がパレード

ベルマーレフットサル

優勝誓い 選手がパレード スポーツ

ミナカ前で開幕イベント

5月28日号

城彩るアジサイと花菖蒲

城彩るアジサイと花菖蒲 文化

夜間ライトアップも

5月28日号

マスク越しにも笑い声

マスク越しにも笑い声 文化

寿庵で寄席

5月28日号

曽我梅林で「初もぎ」

曽我梅林で「初もぎ」 文化

収穫量は昨年の6割

5月28日号

四季折々の表情を撮影

四季折々の表情を撮影 文化

吉池旅館 高嶋さん

5月28日号

摂食障害を学ぶ

摂食障害を学ぶ 社会

セミナーを上映

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook