神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

歴史への思い、ふすま絵に 清閑亭 画家集団が制作

文化

公開:2024年2月24日

  • X
  • LINE
  • hatena
ふすま絵を描く画家たち
ふすま絵を描く画家たち

 国登録有形文化財「清閑亭」(小田原市南町)で2月9日から約2週間、ふすまに絵を描く取り組みが行われた。

 手掛けたのは、依頼があれば寺社や店舗、個人宅などへ画家が出向き制作する「ふすま絵プロジェクト」。「江戸時代の絵師が、一宿一飯のお礼にふすまに絵を描いていった」ように、思いつくままに描きたいと、画家の福井安紀(さだのり)さん(53)が2016年に設立。モットーは「早い、安い、上手い」。料金を抑えつつ明示することで依頼しやすくなる、数多く描くことで腕とスピードが上がる、収入も安定する-という循環で、画家を応援する狙いもある。

 清閑亭は市所有の建造物利活用の一環で、3月25日に飲食店「小田原別邸料理 清閑亭」として開店を控える。今回の取り組みは、運営する(株)JSフードシステム(入生田)の田川順也社長が、おもてなしの空間演出の一環で依頼したものだ。

 事前に田川社長と市内を視察し、また店舗への思いなどを聞き、福井さんは「『建物に込められた思いを継承していきたい』という考えに共感した」という。全部で42面のふすまに画家5人が、コンセプトを共有し、松や梅、白鷹などを描き上げた。またテーブルで食事するため視点を高めに想定する工夫もした。

 田川社長は「絵師の皆さんの感性により、歴史とともに新しい息吹をお客様に感じてもらえれば」と満足げに語った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

6月29日・30日「みんなの花展」

小原流小田原支部

6月29日・30日「みんなの花展」

約70作品展示 いけばな体験

6月18日

生徒が魅せる料理の祭典

崎村専門学校

生徒が魅せる料理の祭典

学院祭に400人以上

6月17日

ミニ家具と小物の展示販売

ミニ家具と小物の展示販売

喫茶館 銀の椅子で22、23日

6月15日

市がパートナーを募集

市がパートナーを募集

応募は6月28日まで

6月15日

企業防災でSDGs

企業防災でSDGs

災害に持続可能な備えを

6月15日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月15日

あっとほーむデスク

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

  • 6月1日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お店のプロの技を体験

おだわらシルミル講座紹介【3】

お店のプロの技を体験

参加店舗で予約受付

6月1日~6月30日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook