足柄版 掲載号:2014年11月1日号 エリアトップへ

観音さまが見守り 山北駅前の有志が通りに

文化

掲載号:2014年11月1日号

  • LINE
  • hatena
御開帳のお経をあげる成就院の真田永尊住職
御開帳のお経をあげる成就院の真田永尊住職

 山北駅前の商店街にこのほど、「やまきた駅前観音堂」がお目見えした。10月24日に開眼法要が営まれ、25日午後に開帳された。

 明治から昭和にかけて「鉄道の町」として栄えた山北駅は駅員のいない無人駅。NPOが切符販売を担うものの乗降客数の減少が続き、目抜き通りのシンボルだったアーケードも老朽化で撤去された。最盛期に83軒あった商店も42軒まで減りシャッターが目立つようになった。

 こうしたなか駅前の商店主らが駅周辺の魅力づくりとして「地域を見守る観音像の設置」を計画。地域に協力を打診したところ山北町商工会や観光協会をはじめ地元の商店など約50件が浄財を寄せた。

中学生も協力

 観音像は駅前で仏像教室を開く彫刻家の蘭二朗さん(39)が制作した。山北駅から約1キロ南にある室生神社から譲り受けた高さ120センチ、幅50センチのクスノキの原木を使った。 蘭さんは「地域を見守る菩薩様なので、そうした思いも込めて作った。東京から町に移住して6年経つが、こうした貢献ができて嬉しい」と話す。

 緑の字が映える看板は近所に住む露木花南さん(13)=山北中1年=が書いた。 小学2年生から書道教室に通う花南さんは、活動に参加する父・尚徳(なおのり)さん(37)に頼まれ筆をとった。「初めは恥ずかしくて気が進まなかったけど、観音様の制作に参加できてよかった。ずっとここにあると思うとうれしい」と話していた。

 有志をまとめた田中屋肉店の瀬戸義信さん(49)は「皆さんの協力で観音堂ができた。毎月18日の縁日にはお守りなどを配れるようにしたい」と話す。

 山北駅前では明日11月2日(日)に「やまきた駅前朝市」を開催。9店舗が参加する。実行委員長も務める瀬戸さんは「今後もさまざまなことに挑戦していきたい」と意欲を示している。
 

御開帳を見守る関係者
御開帳を見守る関係者

足柄版のトップニュース最新6

県がバリアフリー表彰

県がバリアフリー表彰 経済

松田町子育て等支援住宅

2月22日号

VRで認知症を体験

VRで認知症を体験 社会

健常者が100人 驚きの声も

2月22日号

50周年の節目祝う

50周年の節目祝う 経済

南足柄市商工会青年部

2月15日号

廃トンネル内ウド出荷へ

廃トンネル内ウド出荷へ 経済

2月15日から販売開始

2月15日号

かながわ駅伝あす号砲

かながわ駅伝あす号砲 スポーツ

足柄地域のチームが気勢

2月8日号

子ども向け科学本大集合

子ども向け科学本大集合 教育

南足柄市立図書館 2月末まで

2月8日号

スマートIC23年度開通へ

スマートIC23年度開通へ 経済

山北町 新東名工期延期で

2月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク