足柄版 掲載号:2014年11月1日号 エリアトップへ

観音さまが見守り 山北駅前の有志が通りに

文化

掲載号:2014年11月1日号

  • LINE
  • hatena
御開帳のお経をあげる成就院の真田永尊住職
御開帳のお経をあげる成就院の真田永尊住職

 山北駅前の商店街にこのほど、「やまきた駅前観音堂」がお目見えした。10月24日に開眼法要が営まれ、25日午後に開帳された。

 明治から昭和にかけて「鉄道の町」として栄えた山北駅は駅員のいない無人駅。NPOが切符販売を担うものの乗降客数の減少が続き、目抜き通りのシンボルだったアーケードも老朽化で撤去された。最盛期に83軒あった商店も42軒まで減りシャッターが目立つようになった。

 こうしたなか駅前の商店主らが駅周辺の魅力づくりとして「地域を見守る観音像の設置」を計画。地域に協力を打診したところ山北町商工会や観光協会をはじめ地元の商店など約50件が浄財を寄せた。

中学生も協力

 観音像は駅前で仏像教室を開く彫刻家の蘭二朗さん(39)が制作した。山北駅から約1キロ南にある室生神社から譲り受けた高さ120センチ、幅50センチのクスノキの原木を使った。 蘭さんは「地域を見守る菩薩様なので、そうした思いも込めて作った。東京から町に移住して6年経つが、こうした貢献ができて嬉しい」と話す。

 緑の字が映える看板は近所に住む露木花南さん(13)=山北中1年=が書いた。 小学2年生から書道教室に通う花南さんは、活動に参加する父・尚徳(なおのり)さん(37)に頼まれ筆をとった。「初めは恥ずかしくて気が進まなかったけど、観音様の制作に参加できてよかった。ずっとここにあると思うとうれしい」と話していた。

 有志をまとめた田中屋肉店の瀬戸義信さん(49)は「皆さんの協力で観音堂ができた。毎月18日の縁日にはお守りなどを配れるようにしたい」と話す。

 山北駅前では明日11月2日(日)に「やまきた駅前朝市」を開催。9店舗が参加する。実行委員長も務める瀬戸さんは「今後もさまざまなことに挑戦していきたい」と意欲を示している。
 

御開帳を見守る関係者
御開帳を見守る関係者

足柄版のトップニュース最新6

スポーツを通し地域創生

松田町

スポーツを通し地域創生 スポーツ

M.R.Jと協定締結

8月24日号

道の駅の名称が決まる

道の駅の名称が決まる 経済

「足柄・金太郎のふるさと」

8月24日号

文中出身コンビが逆襲誓う

相洋高校野球部

文中出身コンビが逆襲誓う スポーツ

東海大相模戦の敗戦を糧に

8月17日号

今年は1500発

今年は1500発 経済

8月24日 あしがら花火

8月17日号

ひょうたん娘お披露目

大井町

ひょうたん娘お披露目 経済

一年間の活躍を誓う

8月10日号

瀬戸酒造店フランスで快挙

瀬戸酒造店フランスで快挙 経済

現地品評会でプラチナ賞

8月10日号

可児君が最高峰の舞台へ

中学陸上全国大会

可児君が最高峰の舞台へ スポーツ

男子800mで勝負に挑む

8月3日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク