足柄版 掲載号:2018年10月20日号 エリアトップへ

松田町寄地区 自然エネルギー地産地消へ 木質チップで熱供給、導入計画策定へ

経済

掲載号:2018年10月20日号

  • LINE
  • hatena
寄地区の人工林
寄地区の人工林

 松田町は11日、木質バイオマスエネルギー導入計画を策定する方針を発表した。今年9月に一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(東京都千代田区、鈴木悌介代表理事・以下エネ経)に調査業務を委託した。

 環境省の補助金1370万円を使い来年3月末までに実現可能な方法を探り、3年以内に事業化する。木質チップによる熱供給を前提に【1】寄地区から切り出して活用できる木材の量【2】木質チップの供給先(販路)【3】採算性などについて調査する。

 2017年8月に町はエネルギー施策に関するアドバイザリー協定を同法人と交わした。その後、法人と町が協議して環境省の公募型事業に応募したところ、この調査事業の計画が採択された。

 事業化が実現すれば、山から木を切り出してチップなどに加工して、重油など化石燃料の代替燃料として販売することになる。これまで町外に支払っていた燃料代が町内で循環することになり、林業活性化や雇用創出も期待が持てるという。

 仮に健康福祉センターの温浴施設に木質チップのボイラーを設置し、加熱用の燃料を重油から木質チップに転換した場合、年間約160万円の燃料費を町内で消費できる。

 木質バイオマス活用によるエネルギーの地産地消を実現させるなかで、町は、二酸化炭素排出抑制や鳥獣被害の軽減、雇用創出、森林再整備による防災など多方面での成果を期待している。

会見する本山町長(左)とエネ経の鈴木悌介代表理事
会見する本山町長(左)とエネ経の鈴木悌介代表理事

足柄版のローカルニュース最新6

松田町が町政懇話会

松田町が町政懇話会 社会

11月6日 事前申込制

10月16日号

ヒマワリの季節到来

ヒマワリの季節到来 社会

南足柄で12月まで続々

10月16日号

ワクチン1回目県内1位

3氏による争いの公算

衆院選

3氏による争いの公算 政治

神奈川17区 31日投開票へ

10月16日号

10月から土曜運行開始

10月から土曜運行開始 社会

大井町の巡回バス

10月16日号

コロナ対応で共通追試

私立中受験

コロナ対応で共通追試 教育

来年2月、県私学会館で

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook