箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

湯河原 天に届け彦一凧 30年以上続く伝統の大会

教育

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
向かい風を受けてのぼる
向かい風を受けてのぼる

 湯河原総合運動公園で13日に新春恒例の「彦一凧」の凧揚げ大会が開かれ、「走れ」「糸伸ばせ」など大声が響いた。30年以上の歴史があり、青少年指導員が地元産竹などを材料に、子どもたちに作り方から教えた。丸い尾翼つきの六角形の凧は、思い思いのイラスト入りで、田島寿安さん(7)=写真右下が描いたのは、2日前に息をひきとったペットのニャーちゃん。「元気でね」の思いを天に届けようと奮闘していた。大会は22人が参加、たこあげ部門で東台福浦小4年の石井千波さんが1位、絵部門でも石井さんが1位になった。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク