箱根・湯河原・真鶴版

トップニュースの記事一覧

  • 湯河原真鶴ゆかりの短編

    昨秋に東京渋谷で上映「Birds」

    湯河原真鶴ゆかりの短編 文化

     湯河原や真鶴で撮影された短編映画「Birds」(15分)が、11月に東京渋谷で開催された第10回オイド短編映画祭で上映された。...(続きを読む)

  • 「ここは私の歴史です」

    箱根ホテル小涌園

    「ここは私の歴史です」 経済

    名残り惜しむ宿泊客

     箱根ホテル小涌園(224室)が10日に約60年の歴史を閉じ、スタッフが最後のチェックアウト客を見送った。ロビーには開業当時の写真などが貼り出され、ホテルのルー...(続きを読む)

  • あしのこ茶屋、和の色濃く

    元箱根港・一の鳥居前

    あしのこ茶屋、和の色濃く 経済

     箱根海賊船の元箱根港近くにある「あしのこ茶屋」が9日から休業し、GW前をめどにリニューアルする。  あしのこ茶屋は23...(続きを読む)

  • 「デマンド交通」検討

    湯河原町

    「デマンド交通」検討 社会

    交通弱者向け、秋の実証実験目指す 湯河原の公共交通会議で、不便地域の高齢者などを念頭に置いた、事前予約型の乗合交通(デマン...(続きを読む)

  • 元旦の名所、岩ごろり

    真鶴半島潮騒遊歩道県は早期撤去の方針

    元旦の名所、岩ごろり 社会

     三ツ石を望む潮騒遊歩道を塞いでいた岩が撤去される見通しとなった。直径は1m以上あり、10月の台風の影響で隣の斜面から転がり出たとみられる。崩落当時は遊歩道が閉...(続きを読む)

  • 始発と最終、区間延長を模索

    小田原〜仙石原間高校通学の利便性向上目指す

    始発と最終、区間延長を模索 社会

     箱根町の高校保護者の会が要望しているバスの増発などについて、箱根登山バス(株)が朝晩の一部区間延長を目指して調整を続けていることが分かった。町議会で...(続きを読む)

  • モチーフは兜造り

    市民ホール整備事業

    モチーフは兜造り 社会

    2021年度オープン目指す 小田原市は12月11日、市民会館の老朽化に伴って進めている市民ホール整備事業について、鹿島建設...(続きを読む)

  • 「行政まかせ、許されない」

    箱根 町民会議が行財政提言書

    「行政まかせ、許されない」 社会

     箱根の各団体の代表や公募町民など15人による町民会議が、行財政をテーマに1年半にわたって続けてきた議論の成果を提言にまとめた。厳しい財政の打開に向けた提案を示...(続きを読む)

  • 12匹が 「さくらねこ」 に

    真鶴

    12匹が 「さくらねこ」 に 社会

    町内有志通じ不妊去勢手術

     真鶴町の有志団体が11月中旬に12匹の「TNR」活動に取り組んだ。野良猫の捕獲(トラップ)、不妊去勢手術(ニューター)、元に戻す(リターン)の頭文字...(続きを読む)

  • 白バイ操縦日本一

    白バイ操縦日本一 社会

    箱根出身 阿部嵩さん(24)

    箱根駅伝でも先導の予定 10月に開催された全国白バイ安全運転競技大会で、箱根町出身の阿部嵩さん(24)がバランス走行操縦部...(続きを読む)

  • 五輪までに北側接続目指す

    五輪までに北側接続目指す 文化

    着工から21年「広域農道」  小田原市入生田の地球博物館横から山側のヒルトン付近を通り、湯河原の幕山に至る...(続きを読む)

  • 噴石降る状況など想定

    噴石降る状況など想定 社会

    初のレベル4・5避難訓練

     箱根で噴火警戒レベル4・5を想定した初の訓練が24日に行われた。対象エリアは保養所や旅館関係の住人が多い湖尻周辺。観光客に扮したロープウェイ職員も含む56人が...(続きを読む)

  • ジビエ広がれ 泉に解体施設

    ジビエ広がれ 泉に解体施設 経済

    若手狩猟者などが設立

     湯河原を一望する熱海市泉で10月下旬、野生動物解体処理施設「山の恵」がオープンした。イノシシの捕獲数が増える一方で、ハンターは高齢化。こうした状況に危機感を募...(続きを読む)

  • 牧島氏が3選

    衆院選17区

    牧島氏が3選 政治

    神山氏、票伸ばすも及ばず

     第48回衆院選が10月22日投票、即日開票され、県西3市8町の神奈川17区は自民党前職の牧島かれん氏(40)が11万7003票を獲得し、3期目の当選を果たした...(続きを読む)

  • 仮装して街へ繰り出そう

    仮装して街へ繰り出そう 文化

    西湘エリアでハロウィン企画

     思い思いの仮装や子どもたちにお菓子を配るイベントとして定着してきた「ハロウィン」。西湘地域でもまちを盛り上げる企画が予定されている。...(続きを読む)

  • 箱根でもツキノワグマ確認

    豊かな森裏づけ、周知は控えめ

    箱根でもツキノワグマ確認 社会

     箱根町畑宿の山林(白銀山付近)で、4ヵ月ほど前にツキノワグマが現れたことが、このほど私立大関係者のセンサーカメラの画像を通じて判明した。データを整理していたと...(続きを読む)

  • お菓子工場11月3日オープン

    お菓子工場11月3日オープン 社会

    湯河原駅近の新名所

     湯河原駅近くで工事が行われていた「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」が、11月3日(祝)12時にグランドオープンする。総工費30億円という大型の建物...(続きを読む)

  • 祖父の形見で優勝

    湯河原で稽古 笹本晧水さん

    祖父の形見で優勝 文化

    琵琶楽全国大会

     「第54回琵琶楽コンクール」が9月10日、都内で開かれ、錦心流琵琶全国一水会湯河原支部の笹本晧水支部長(65・小田原市)が優勝した。全国の流派が腕を...(続きを読む)

  • 別荘で「試住」いかが

    箱根町

    別荘で「試住」いかが

    ネットで12組募集

     箱根町が今年から移住定住促進の一環で別荘を使った「試住」企画を始めた。今年の2月〜3月に第一弾を実施しており、今月9日まで新たに12組を町や不動産会社のホーム...(続きを読む)

  • 目標は五輪「イカ爆弾」

    目標は五輪「イカ爆弾」 文化

    真鶴発、コロッケフェスティバル出場 真鶴生まれの「イカ爆弾」が、なぶら市実行委員会の手で23日(土)に三島で開かれる全国コ...(続きを読む)

  • 「湯河原十景」ここで描く

    平松礼二氏

    「湯河原十景」ここで描く 文化

    町立美術館に公開アトリエ

     町立湯河原美術館で「現代日本画壇の主軸」とも言われる平松礼二氏(76)のアトリエの準備が、10月5日のオープンに向けて進んでいる。ここで新作「湯河原...(続きを読む)

  • 期日前ワゴン車投票所

    箱根町議選

    期日前ワゴン車投票所 文化

    島根県浜田市が手本

     今月24日投開票予定の箱根町町議選に、県内初となる「移動期日前投票所」が導入される。 これまで期日前投票は箱根湯本の町役場1カ所だけだ...(続きを読む)

  • 「湯河原真鶴の し尿受け入れる」

    「湯河原真鶴の し尿受け入れる」 社会

    共同処理検討で、熱海市長提案

     湯河原・真鶴2町と熱海市が検討する共同し尿処理について、斎藤栄熱海市長が31日の会議で、熱海港脇にある下水処理場での処理を提案し「2町のし尿を受け入れる覚悟」...(続きを読む)

  • 拡幅には55億円超

    鍛冶屋ガード

    拡幅には55億円超 社会

    町が工事例を住民に説明

     湯河原の鍛冶屋ガードの拡幅を想定した工法案を町が発表した。住民の改善ニーズは多いものの、最低10年の工期や55億円以上という巨額の施工費などが浮き彫りとなった...(続きを読む)

  • 大型商業施設2020年の変

    箱根両隣

    大型商業施設2020年の変 経済

    小田原イオン、御殿場アウトレット

     3年後の五輪開催年頃を目指し、箱根町の両隣で大型ショッピング施設を新増設する動きがある。東の小田原市(久野)ではイオンタウン(株)や商工会議所が約100店舗を...(続きを読む)

  • 噴石対策で強い屋根に

    箱根・大涌谷駐車場事務所

    噴石対策で強い屋根に 社会

    内閣府の指針通り

     大涌谷の駐車場の管理事務所が、火山の噴石対策を盛り込んだ頑丈な屋根の建物に変わろうとしている。  駐車場を管理する県の...(続きを読む)

  • 135号大渋滞、切り札実験

    135号大渋滞、切り札実験 社会

    2カ所の合流を1カ所に

     135号線上りで30日、小田原市や真鶴町、湯河原町による協議会が「実験」を行った。抜け道化した市道の入口を閉ざし、県道からの合流を根府川の1カ所にしぼるもの。...(続きを読む)

  • 真鶴町が海士町(島根県隠岐郡)とタッグ

    包括的広域連携結ぶ

    真鶴町が海士町(島根県隠岐郡)とタッグ 経済

    海の幸販路拡大の先進地 真鶴町が10日に島根県隠岐郡海士町と包括的広域連携協定を結んだ。 真鶴と海...(続きを読む)

  • 44の町の魅力、かるたで発信

    箱根の「創る会」6年かけ製作

    44の町の魅力、かるたで発信 社会

     駅伝大会のイメージが強い箱根の正月に、外国人も楽しめる新名物が加わりそうだ。「箱根かるたを創る会」(桐谷綾子会長)が6年がかりで推敲した44枚のかるたが、この...(続きを読む)

  • 常用放流求め署名活動

    湖尻水門

    常用放流求め署名活動 社会

    仙石原の勝俣正次氏ら

    「早川および芦ノ湖環境保全の第1回懇談会」が27日に仙石原文化センターで開かれ、郷土史などを研究する勝俣正次氏(62)が発表に立ち、湖尻水門からの「常用放流」を...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク