箱根・湯河原・真鶴版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 宇宙に輝く「勝俣隆」

    宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

    箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

     古事記や日本書紀などの日本神話を通して星座神話を研究する長崎大学名誉教授の勝俣隆さん(67歳・北ノ窪在住)の名前がこのほど、小惑星に命名された。日本...(続きを読む)

    5月1日号

  • 蘇るか彫刻の祭典

    真鶴町

    蘇るか彫刻の祭典 文化

    来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

     真鶴町が東京オリパラに合わせた石の彫刻祭を計画している。1963年、東京五輪の前年に、真鶴の道無海岸で石彫イベントが開かれた。伝説的な盛り上がりを今に蘇らせ、...(続きを読む)

    5月1日号

  • 創始者が一万円札に

    創始者が一万円札に 文化

    箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

     2024年に刷新される1万円・五千円・千円が9日に発表され、箱根ゆかりの渋沢栄一が1万円札の肖像に選ばれた。 仙...(続きを読む)

    4月19日号

  • 漫画でわかる土肥実平

    漫画でわかる土肥実平 文化

     武者行列で初配布

     湯河原町で7日に開催された「土肥祭」の武者行列で、郷土の武将・土肥実平の活躍を外国人や若年世代に紹介する漫画冊子(18ページ)が初めて配られた。...(続きを読む)

    4月19日号

  • 湯河原の由来も万葉集

    湯河原の由来も万葉集 文化

    「令和」に驚きと期待

    「万葉公園」「万葉倶楽部」も 「令和」の出典が万葉集である事が明らかになり、湯河原の万葉公園では1日午後から観光客が「萬葉...(続きを読む)

    4月5日号

  • 「あかり」大槌町に出張

    湯河原明店街マスコット

    「あかり」大槌町に出張 文化

    復興中の末広町商店会と交流

     震災から復興しつつある岩手県大槌町の末広町商店街に、湯河原・明店街のマスコット「狸姫あかり」が登場した。商店街同士の交流の一環で、3月30・31日に湯河原の2...(続きを読む)

    4月5日号

  • 田代進さん7連覇

    大山登山マラソン

    田代進さん7連覇 スポーツ

    箱根町出身で湯河原町役場職員

    千歳川沿いなどで練習 標高34mから1251mへ。全国でも屈指の過酷さで知られる大山登山マラソン(9Km・29歳以下の部)...(続きを読む)

    3月22日号

  • 吉浜交番が連絡所に

    吉浜交番が連絡所に 社会

     署員の安全など考慮 4月に変更

     国道135号線沿いの吉浜交番が、4月1日から無人の連絡所に変わる。県警は警察官の安全確保などの理由で交番の統廃合の方針を打ち出しており、1市3町の小田原署管内...(続きを読む)

    3月22日号

  • 接客の20人、みな認知症

    接客の20人、みな認知症 文化

    「注文を間違える豆腐屋カフェ」

     接客するのは認知症の人。もしかしたら、注文を間違えるかもしれない。そんな豆腐屋カフェが3月10日(日)に町立湯河原美術館の「ミュージアムカフェ・アンドガーデン...(続きを読む)

    3月8日号

  • 隠れアート咲く16日間

    隠れアート咲く16日間 文化

    9日から真鶴まちなーれ

     真鶴町内にアートが出現する「まちなーれ」が9日(土)に開幕する。4回目となる今年は8人の作家が制作に携わった。町を歩き、宝探しのように隠れた作品たちを巡る。...(続きを読む)

    3月8日号

  • 豪州で県西をPR

    豪州で県西をPR 社会

    観光DMOが旅行博に参加

     県西2市8町の地域連携DMO「かながわ西観光コンベンション・ビューロー」(古川達高代表理事/以下KCV)が、オーストラリアの旅行関係のイベントに出展し、プロモ...(続きを読む)

    3月1日号

  • 相洋高から日本代表

    相洋高から日本代表 文化

    アジアユース陸上に2人出場

     3月15日(金)から17日(日)に香港で開催される「第3回アジアユース陸上競技選手権大会」に、相洋高校のクレイアーロン竜波君と高島咲季さん(ともに2年)が日本...(続きを読む)

    3月1日号

  • 湯河原の老舗よみがえる

    障子の部品から手作り横浜銀行などが共同出資

    湯河原の老舗よみがえる 経済

     文豪が愛した湯河原温泉をしのばせる老舗・富士屋旅館が9日、リニューアルオープンを迎えた。元の旅館は2002年に営業を休止。横浜銀行や地域経済活性化支援機構の出...(続きを読む)

    2月22日号

  • 白タク排除へ 春節に動く

    白タク排除へ 春節に動く 社会

    タクシー会社「地道にやるしかない」

     白タク行為を減らそうと、関東運輸局や小田原署、タクシー会社が5日、春節の大涌谷で啓発活動を行った。「それらしき」車はあるものの違法行為の確認は難しい。歯がゆさ...(続きを読む)

    2月22日号

  • 小田原の池田さん栄冠

    NHK全国俳句大会

    小田原の池田さん栄冠 文化

     NHK全国俳句大会が1月20日に都内で行われ、「飯田龍太賞」の部門に応募した本町在住の池田忠正さん(75・俳号/池田忠山)の作品が最高賞を獲得した。...(続きを読む)

    2月8日号

  • 芦ノ湖の女王、水面へ

    水戸岡鋭治氏デザイン

    芦ノ湖の女王、水面へ 経済

     芦ノ湖で4日、6年ぶり・7代目となる新観光船「クイーン芦ノ湖」(定員541人・全長35m)が進水した。今後3月中旬に艤装工事や試運転を行い、4月25日に就航す...(続きを読む)

    2月8日号

  • 作業トンネルを初公開

    真鶴道路レア体験

    作業トンネルを初公開 社会

    全国的にも珍しい海抜下通るトンネル

     海面より3・7m低い場所に通る真鶴ブルーライン(約1・6Km)の作業用トンネルに東台福浦小5年生の23人が足を踏み入れた。10年に1度行われる道路の排気設備の...(続きを読む)

    2月8日号

  • 硫黄島から74年後の帰郷

    硫黄島から74年後の帰郷 文化

    旧温泉村 川邊安蔵さんの日章旗

     旧温泉村(宮ノ下)から出征し、硫黄島で戦死した川邊安蔵さん(享年35歳)の日章旗が米国人から返還され、町役場を通じて次女の光世さんに手渡された。...(続きを読む)

    1月25日号

  • 2021年出荷目指す

    2021年出荷目指す 経済

    真鶴で試験養殖 生食用イワガキ

     真鶴町が試験養殖に取り組むイワガキが着々と育っている。名産地でもある島根県海士町との交流をきっかけに4年ほど前から取り組み始めた事業で、約1cmだった稚貝が1...(続きを読む)

    1月25日号

  • 家族愛の果実、高評価

    家族愛の果実、高評価 文化

    湯河原から横浜の農家へ嫁ぐ 湯河原から横浜の農家に嫁いだ新井妥子さん(31)が、家族で力を注ぐ果樹栽培で注目されている。J...(続きを読む)

    1月11日号

  • 「人々に勇気を」真鶴で彫る

    「人々に勇気を」真鶴で彫る 文化

    本小松石の「亥」出雲大社相模分祠に

     闘病を経て、真鶴産の本小松石を彫り続けてきた西巻一彦さん(59・伊勢原市)が、今年の干支「亥」を完成させ、秦野市の出雲大社相模分祠に奉納した。1年に1体ずつ石...(続きを読む)

    1月11日号

  • 湯河原病院が起工

    JCHO

    湯河原病院が起工 社会

    来年春開院へ

     JCHO湯河原病院の移転新築工事が12月19日に起工式を迎えた。来年春に現在の宮上から中央に移転する予定で、敷地の旧湯河原中跡地には今後、町の防災施設や小田原...(続きを読む)

    1月1日号

  • デマンドタクシー真鶴も

    湯河原は10月スタート1日平均14・4人利用

    デマンドタクシー真鶴も 社会

    来年2月から1カ月半試行

     真鶴町が湯河原町に次いでデマンド型タクシーの実証運行を準備している。期間は来年2月1日から1カ月半。従来のコミバス(緑色の小型バス)で網羅できなかった地域の利...(続きを読む)

    12月14日号

  • 12年ぶり、湖畔の大名行列

    12年ぶり、湖畔の大名行列 文化

    「絵になる」杉並木や関所も経由  箱根関所が来年関所開設400年となり、湖畔の元箱根・箱根地区で5月26日...(続きを読む)

    12月14日号

  • 地下壕に箱根の火山灰

    座間で初公開

    地下壕に箱根の火山灰 文化

     “6万6000年前の噴火の跡がクッキリ”。座間市は11月15日、市内栗原の芹沢公園内にある地下壕を初めて報道陣に公開した。第2次世界大戦末に日本軍が掘った地下...(続きを読む)

    11月30日号

  • 現職と元町議が立候補へ

    現職と元町議が立候補へ 政治

    来年春の湯河原町長選

     来年4月頃に実施が見込まれる湯河原町長選挙に3期目の現職・冨田幸宏氏(61)と元町議の室伏友三氏(70)が相次いで出馬の意向を示し、8年ぶりに選挙戦となる可能...(続きを読む)

    11月30日号

  • 戊辰箱根戦争にスポット

    山崎などで砲弾の応酬 箱根町郷土資料館

    戊辰箱根戦争にスポット 社会

    150年前、三枚橋で白兵戦も 150年前に幕末の箱根で起こった「戊辰箱根戦争」をテーマに、箱根町郷土資料館が企画展を開いて...(続きを読む)

    11月16日号

  • 微小プラごみ、どこへゆく

    県が調査 湯河原真鶴にも漂着

    微小プラごみ、どこへゆく 社会

     環境汚染要因として注目されるマイクロプラスチック(MP)が湯河原や真鶴にも漂着している。県の調査で種類などが明らかになってきた。...(続きを読む)

    11月16日号

  • 万葉公園進化へ 企業の力

    万葉公園進化へ 企業の力 文化

    6社からヒアリング、斬新提案も

     湯河原町が主要観光スポット・万葉公園に企業の力を活かす「公募設置管理制度」を導入する。この秋6社から個別にヒアリングし、公園の可能性を探った。...(続きを読む)

    11月2日号

  • 学びの場 学生手作り

    箱根湯本

    学びの場 学生手作り 文化

    旧薬局を泊まり込みで改装

     箱根湯本の正眼寺隣で、旧街道沿いの建物を学生たちが多目的スペースへと改装している。元々薬局だった建物で、完成後の名前は「ディーパ」。古代インドの言葉で「洲(し...(続きを読む)

    11月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク